昔の自分のブログを反省しつつ、当時書いた天川村旅行記事をまとめてご紹介

最近は先日の沖縄旅行の記事をひたすら書いているんだけど、これがけっこう楽しい。

ノってきている(もうすぐ終わるけど)

タグ|沖縄旅行

 

 

しかし以前は、ブログで旅行の記事を書くのは実は苦痛を伴う作業だった。

 

…その理由を最近理解した。

旅先で体験した全ての情報をまとめようとすることで、必然的に長文記事になってしまっていたからだ。

そしてあの、長文が仕上がった後の圧倒的「なんか違う」「こんなはずじゃなかった」感。あぁ、辛かったな・・・

 

要はまとまりのない駄文をつくっていたのだと思う。

極めつけは、それでも「せっかく時間をかけて書いたからアップしなきゃ・・・」みたいな強迫観念だ。

当時そんな風にして書いた旅行記事が『天川村三部作』だった。。。

 

奈良の秘境・天川村自体は、旅行先としてかなりのオススメスポット!!

というわけで、昔の自分のブログを反省しつつ、当時書いた天川村旅行記事をまとめてご紹介します。

 

 

2年前に書いた旅行記事『天川村三部作』を、反省しつつまとめよう

天川村を一望

奈良の秘境・天川村

 

その1 より短くコンパクトに仕上げるべきだった

最近はとにかく目標1000文字程度、どんなに長くても2000文字以内を意識して記事を書いている。

その意識が、このところ絶え間なくブログを更新できている秘訣だったりする。

 

…Google検索エンジン的には、長文が良いんでしょうけどね汗

でもぶっちゃけ、読者様的にも1000文字くらいの方が読みやすくないですか?

 

さて、その観点で行くと、まずこの第一部の天川村旅行記事

天川村、四季折々の楽しみを求めてみたび訪問。下界とは違う季節感に弄ばれて…

2015.11.24

 

「みたび」も、である。

…そんなに好きなのに「いつ行っても目当てのものが見れないw」っていうオチは自分らしくていいと思うのだが、

問題はその「みたび」を全て1ページにまとめようとしているのが今思えば実にもったいない。

 

今の僕なら、みたび」の通り記事を3つに分けるでしょうね。例えば以下のように

 

その1【春】天川村に花見に行ったら豪雪だった件

 

その2【夏】天川村に満面の蛍を見に行ったら5匹くらいしかいなかった件

 

その3【秋】天川村に紅葉を見に行ったら何もかも枯れていた件

 

 

これらを一定期間空けつつ順番に更新することで、「またかよ!w」「さすがちゃんぺい!!w」みたいなお声を読者様から頂きたかったですね。

 

 

その2 テーマを絞って書くべきだった

これは大事!!

たった一つの魅力に特化して伝えることに注力する…

こうすることで、まずタイトル決めが相当楽になる。

そしてしっかりテーマを絞ることで、文章もまたコンパクトに仕上がるのである。

 

…なのに、自分が体験した魅力や情報の全てを1記事に盛り込もうとするから

長いだけの駄文になってしまうのだ。

 

はい、そこでこの第二部

奈良天川村と言えばごろごろ水!他にも色々、神秘を感じれる場所

2015.11.26

 

一見テーマが絞られているように見えて、中身を見るとしっかり散らかっている(笑)

そして何より、タイトルが「ごろごろ水」なのにトップの画像がごろごろ水と関係ないというのもミソだ(悪い意味で)

 

…なぞのトロッコが、読者の混乱を誘うw

 

但し、「天川村 ごろごろ水」で検索すると、なんとGoogleの1ページ目に僕のその記事が表示されるので

Google神からは一定の評価を得ているようだ。

なので、リライトするのは控えておこうw

 

 

その3 自分が体験したことだけを書くべきだった

どうしても「人に伝える」「オススメする」ことを意識するあまり、自分が体験したわけではないことまで無駄に調べて本文に載せようとしていたのだ。

別にその心意気は悪くはないと思う。ただ、脊髄反射で記事を作るようにしている俺の場合それだとタイピングが全然ノらないのだ。

 

…だから今はもう、自分が体験してないことの情報までを無理やり記事に盛り込もうとすることは意識的に避けている。

それでもどうしても伝えたいことがある時は、それはだいたい他の人のブログにしっかり書いてあることが多いので、そのURLを紹介するだけにとどめている。

 

さて、その観点から見た最後の第三部

無芸な僕らが天川村の芸能の神様をお参りに行ったら、ミエナイチカラで妨げられた。

2015.12.03

 

これが、今まで述べた反省すべき要素を全て含んだ究極の記事

タイトルに書いてあるオチが確かに一番印象強いような気はするのだが、中身を見れば実はそれが一番うす~い体験だったことがわかる(笑)

おそらく、当時ミエナイチカラって言いたかっただけかと…(恥)

ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
B’z
ロック

 

 

・・・そしてそれ以外にも、なぜか温泉の情報を語りだしたりしている。

自分は行ったことないくせに、だ。

 

ここでテーマをしぼるなら、やっぱりモーソンの件かなw

天川村モーソン

 

でも今の所はアクセスを狙うブログじゃないし、昔の自分をネタにする方が楽しいので特にリライトはしません。

 

 

・・・

この記事から奈良の秘境・天川村にご関心をお持ちいただける人が現れることを、心より望んでおります!

そしてこの記事で、だいたい1900文字くらいです。

 

 

おわり

天川村、四季折々の楽しみを求めてみたび訪問。下界とは違う季節感に弄ばれて…

2015.11.24

奈良天川村と言えばごろごろ水!他にも色々、神秘を感じれる場所

2015.11.26

無芸な僕らが天川村の芸能の神様をお参りに行ったら、ミエナイチカラで妨げられた。

2015.12.03

 

【旅行ブログランキングに参加しています】
クリックで応援頂けると嬉しいです↓


旅行・観光ランキング

 

SPONSERED LINK










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です