【祝!1ヶ月と31記事】ITが苦手な僕やあなたでも、こうやったらブログができる!続けられる!!

GMS-blog

とにかく誰かに頼ればいいんです。

ノウハウも、動機づけも、ブログのネタも、

僕は全部人任せです!!

「ブログはじめたいな~」と思っている人にとって、少しでも役に立ったらいいなと、

僕のブログ立ち上げから今に至るまでを記事にしてみました。

 

「ブログをやろう!」と思ったきっかけ

今年の5月、とっても面白いブログと出会います。

⇒もっと楽しく!http://blog.livedoor.jp/kkcarlos/

運営されているカルロスさん、実は大阪でお目にかかったことがあるんですよね。

数年経てこんなことになっていらっしゃるとは…!

人ってこんなに変化するんだなっていうことを、ブログ拝見しながら感じて、

そしてそのとても自由な表現力に憧れて…「僕もやりたい!」と思いました。

しかし読めば読むほどカルロスさんが自由すぎて、「僕って普通やしな…」と、いったん挫折します笑

※カルロスさん、今はWordPressで新しいブログを運営されていらっしゃいます!相変わらず楽しいです!!

⇒NIPPON Crazy “KOBA”|http://crls1031.com/blog/

 

本格的にブログをスタートしようと準備したのは実は6月末…

会社の上司がこっそりやっていた(そしてもうやめている…)

2人で飲みに行ったときに、打ち明けて頂きました。

いかにブログをした方がよいかということ、そして「やるならWordPressだ!」ということを力説されました。

「身近にやっている人がいるのは心強い!」と思ったのと、ちょうどダイエットの成功を実感していた時期だったので「いいネタもある!」と思い、スタートすることを決意しました。

(その上司はその後、10日ほどでブログ更新をしなくなりました…)

 

ブログの名前を考える

割とすぐ決まりました。

『【佐賀のとある肉屋からの贈り物】押しも押されぬ最高品質“佐賀牛”のタタキが美味しすぎる!※非売品です。』の記事やプロフィールを見て頂ければご察し頂けるように、僕は肉屋の息子です。そのことに誇りを持っています。

だから肉屋の要素は取り入れたい…肉屋……精肉店………ミートショップ………Meat Shop…………

Meets Shop(ミーツショップ)!

クレジットカード決済代行の営業で日々いろんなお店との出会いがあるので、それともリンクできてよいかなと思い決定しました。

※参考記事:Guchiyama Meets Shop!|クレジットカード決済の導入をお手伝いする営業マンのミッション

 

ワードプレスでのブログ構築に着手

Xサーバーのレンタルからドメインの取得WordPressのインストールまでは割とサクサクできました。

僕は書籍を購入してイチからやっていたのですが、ここまでの作業については以下のブログがとっても分かりやすく記されています。(ちなみにこの段階ではJUNICHIさんブログのことをまだ知りませんでした…)

※参考記事:ブログマーケッターJUNICHI|誰でもできるWordPressブログの始め方【準備~初期設定完全マニュアル】Xサーバーレンタル

 

さぁWordPressのテーマを決めてブログを書くぞ!…でも設定で気になることが多すぎてまた挫折

WordPressのテーマは本当に何を使えばいいのか?自分でサイトのレイアウトをデザインしようと思ったらどうすべきなの?HTML・CSSって何?文中の見出しとか、どうやってつけるの?etc…

全部ググれば分かることなんですけど、僕はググって調べるのが大嫌いなのです。

それがみんな調べるようなことであればあるほど、いろんな記事がありすぎて混乱してしまいます。どの記事に信頼を置いて突き進むのか、結局自分で考えて判断する必要があります。

よく「自分で考えることが大切」って言われますけど、それはあくまで新しい発想やアプローチについて考えるような時の話であって、誰かが明確な答えを持っているような物事に対しては「自分で考えていたずらに時間を割くよりもその人見つけて聞いた方が絶対いい」と考えています。これは、悪い癖でしょうか?

※参考記事:ブログマーケッターJUNICHI|あなたは自分で調べない人?検索すれば3秒で分かるのに調べない人の神経

とはいえその時はどうしようもなかったので、ググって調べてたんですけど、調べれば調べるほどひとつひとつの単語の意味なんかが気になり出してキリがなくなってきて、そこでまた挫折してしまいました…

そのまま、準備したワードプレスは放置され…8月になりました。

 

8月。本格的にブログを構築・投稿をスタートする。

会社の営業でもいきづまり…自分のメディアを持つべきだと強く思った

ブログの挫折と並行し、6~7月はマジで会社の営業がしんどい時でもありました。

何か打開策はないか…悶々と考えている内に「そもそも僕から会社の看板をとったら、僕は社会で何ができるんだろう。僕自身に何の価値があるんだろう」と思うようになりました。

その行きづまった感が最高潮に達した時、「やっぱりブログ、やってみよう!」と強く決心したんですよね。

「仮に僕から会社の看板を外しても、自分自身で価値を生み出せる人間になろう!」と思って、その第一歩がブログという自分のメディアを持つことだと改めて思ったんです。

 

分からないことは人に聞いて解決しよう!コンサルタントに依頼した

マジで仕事以外で、僕の周囲でWEBに関して詳しい人が思い当らなかったので、大阪で安くで技術指導してくれるような方を探しました。

そして1セッション5,000円で技術指導してくれる方と出会うことができましたので、すぐにお願い致しました。事前に「ググればいいでしょ!?」って言われそうなことも含めて、自分の疑問を全てレポートにまとめて提出し、お会いする日に向けて準備をして頂きました。快く引き受けて下さいました。

その結果、かなり理解を深めることができ、ようやく前に進む意志が固まりました。

 

同じタイミングで、JUNICHIさんのブログの存在を知る

ここでもカルロスさんに助けられました…カルロスさんの以下の記事を見て、JUNICHIさんのブログの存在を知りました。

※参考記事:もっと楽しく!|なぜWordPressで始めるのか。

JUNICHIさんが惜しげもなくブログ運営のノウハウを記事にしていらっしゃるので、ついに僕の重い腰が動くところまで理解を深めることができたのです。

※ブログマーケッターJUNICHI|http://junichi-manga.com/

それからはまだ見ぬJUNICHIさんのおっしゃるがままに、構築を進めて行きました。ブログの力って偉大ですね。

例えば、WordPress テーマの選定

JUNICHIさんがとっても推薦されている『アルバトロス』を採用しました。

有料(¥7,980-)ですけど、全然問題ない!だってJUNICHIさんがオススメされているから!!

※参考記事:ブログマーケッターJUNICHI|この美しさに震えろ!スマホ対策完備のWordPressテーマ「アルバトロス」堂々リリース!

実際、本当に「これにしてよかった!」って思える、大満足のテーマでした。

 

最後の決め手は彼女(後の「うし江」)に相談したこと!!

これがなければ、多分今のようなモチベーションでブログを続けることはなかったと思います。

やはり持つべきものは、最愛のパートナーでした。

相談しなかったら、当ブログ『Guchiyama Meets Shop!』は、僕の実名と顔を晒しながら仕事や趣味(B’z)、ダイエットの成功秘話について延々と語っていく、よく言えば個人ブランディングの王道、悪く言えばありきたりなものに仕上がっているところでした。

でも相談して、最初はイラストの上手い彼女にサイトロゴのデザインをお願いするだけのつもりだったんですけど、その後3時間くらい黙って延々とイラストを描き続け…

「うし江」と「とん平」という強力なキャラクターが生まれました。

普通に実名と顔を晒して最初ちょっとビビりながらブログ書いていくよりも、「とん平」に扮して言いたいこと言ってく方がよっぽど面白い!

彼女が創った「うし江」と「とん平」のイラストも、デジタル化できればブログでネタにできる!!

また、「キス動画が流行っているような世の中だから、僕らのような大人の交際情報についても需要があるのでは?」という希望的観測もあり、僕らのほんわか?した日常を面白おかしく??綴る『うし江ととん平』というリア充満載のコンテンツが生まれました。

更に、彼女を通じて女性が気になるような記事を書けるようにもなりました。(例えばとても反響の大きかった『【ミュゼ経営危機!】クレジットカードで前払い決済しているうし江に至急解約をすすめました。』のような記事)

とにかくイメージがどんどん膨らみ、僕の「ブログを書きたい!」という気持ちが最高潮に達しました。そしてついに、スタートしました。

 

とにかく100記事書くのを目標にひたすら書き続けます

コンサルタントの方も、個人ブログがコンテンツとして成立するのは100記事が目安だとおっしゃっていました。だからひたすら100記事目指して書き続けます。

 

とにかく書き続けるために重要なのは強い目的意識・動機づけ

タイトル見て技術的なノウハウの話を期待されてしまった方、申し訳ございません。

でもブログを始めるため、そして続けていくために大切なのは、結局「何があなたのモチベーションになっているか」ということにつきると思うんです。
それが明確じゃないと、この記事の前半の僕のように「やりたいな~でもやっぱやめようかな~」みたいな中途半端な状態がズルズル続いてしまい、何かと理由をつけてスタートしない、できない。でも自分のモチベーションの源がはっきりしていれば、何とかスタートできるし続けていくのは全然苦ではなくむしろ楽しい。

だからその大前提があって、技術の面で分からないことはとにかく誰かに聞きまくればいい。聞ける人がいなければ、JUNICHIさんがブログで発信してくれている通りやったらいいんですよ。

僕の目的は、

  • カルロスさんや芸人のように自分自身をネタにして世で楽しいコンテンツになりたい
  • 会社の看板なくても自分自身で仕事ができる・付加価値を生み出せる存在でありたい

ということがまず最初にあり、それから彼女に相談したことでさらに

  • 彼女(うし江)の活躍の場をつくりたい・プロデュースしたい

という目的意識も生まれました。

うし江は僕と違って、色々とセンスにあふれた人物です。うし江ととん平の手相占いの記事でも紹介したように、もっともっと彼女はその才能を発揮させる場があった方がいいと、身内の欲目ではなく本気でそう思っています。

これらのことを成し遂げることが、今の僕のモチベーションなんです。

 

中間目標として掲げていた【1ヶ月と31記事】とこれまでのスタンス

中間の目標として設定していたのが、今回のタイトルにある【1ヶ月と31記事】。1ヶ月間、毎日書き上げたってことになります。

これを達成するまでは、とりあえずSEO対策とかプラグインとかアナリスティックとかキーワードプランナーとかについてはひたすら無視しました。そういうのを気にしだすと、僕はまた手が止まる。

でもそろそろ気になりだしてきたので、そのうちまたお金を払ってでも習いに行くと思います。

 

反響の大きかった記事から学んだこと

反響が大きかった記事は以下の2つです。

  1. 【ミュゼ経営危機!】クレジットカードで前払い決済しているうし江に至急解約をすすめました。
  2. 大阪市西区新町にあるスパイス創作料理【ラヴィリンス】で迷宮入り

①はちょうどメディアに取り上げられた時に、素早くネタを提供できたのが功を奏したのだと思います。旬なネタを自分なりのエッセンスを加えて記事にできれば注目されるということを学びました。一番新規で当ブログに訪問される方が多い記事です。

②で学んだのはSNSの影響力ですね。後述しますが僕はfacebookでほとんど友達がいないにも関わらず、「炎の浪速男」さんにシェア頂いたことで一気にアクセスがありました。これまで僕はSNSのことをとても恐れていたのですが、これからはちゃんと向き合っていこうと思います。

SNSについて

facebookのアカウントをつくりましたが、今のところ友達16人です!笑

名前も顔も伏せている上に、知り合いに「僕ですよ!」ってメッセージ送って申請してもスパム扱いで到達していないことを知りました…

まぁ、焦らず実際に会ってコミュニケーションをとった人から順番に伝えていこうと思っています。

 

次の目標【2ヶ月と61記事】に向けて

  • 「うし江ととん平」イラストリリース、まずはプロフィール画像を更新する
  • SEO対策も意識しながらコンテンツをつくる
  • アナリスティックを使いこなしてPDCAサイクルをまわす
  • facebookをもっと有効に使う。目指せ友達100人
  • フリー戦略をとりいれる

→目標5000PV

 

ですね!がんばりまっす!!

EPIC!

□次回記事:

【祝!2ヶ月と60記事】ITが苦手な僕がブログを続けられるたった1つのモチベーション

2015.10.08

5 件のコメント

  • When some one searches for his necessary thing, so heshe desires to be available that in detail, thus that thing is maintained over here. becfbbfecgee

  • Some genuinely great information, Glad I discovered this. Good teaching is onefourth preparation and threefourths theater. by Gail. bfefgaedkeke

  • An interesting discussion is worth comment. I feel that it’s best to write more on this subject, it may not be a taboo subject however generally individuals are not enough to talk on such topics. To the next. Cheers

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です