佐賀県唐津市最大の行事『唐津くんち』が開幕!思わず「へぇ~」と唸る情報と合わせてご紹介!!

唐津観光協会HPより

11月2日、僕の地元・佐賀県が誇るお祭り『唐津くんち』が開幕!

本当にすごいお祭りです。11月4日まで絶賛開催中!!

残念ながら、今年参戦することはできませんでしたので、

大阪からその魅力をお伝えします。

それと、『唐津くんち』にまつわる、思わず「へぇ~」と唸る情報も合わせてご紹介!!

□トップ画:唐津観光協会『旅Karatsu』より

 

 

何と言っても13の曳山(ひきやま)!その造形美に酔いしれる!!

とても迫力があり、かつ色鮮やかで細部まで造り込まれた曳山の造形美に、子供のころから目を輝かせていました。

唐津くんち 曳山 造形美

右から「赤獅子」「青獅子」「浦島太郎と亀」「源義経の兜」「鯛」

浦島太郎と亀

浦島太郎と亀

 

 

 

ちなみに、有名な京都祇園祭の山鉾と比較。

京都祇園祭の山鉾

ん~~~

 

僕は大学が京都で、1回生の時に初めて京都祇園祭へ。でも、小さいころから唐津くんちの曳山を見て育ってきたので、見た目だけの印象で言えば正直いまひとつな感じが…

祭りの歴史的背景も違いますし、造形の好みは人それぞれだと思いますが。

 

 

曳山を引く曳子(ひきこ)たちの祭典!

13台の曳山は、唐津市内の13の町がそれぞれひとつずつ所有・管理しています。そしてそれぞれの町にゆかりのある人達が、その町で管理・所有している曳山の曳子(ひきこ)として集まって、唐津くんちの当日活躍します!!

球取獅子

「珠取獅子」京町が所有・管理

写真のように、でっかい曳山を曳子たちが引き、一日中「エンヤ!」というかけ声を上げながら唐津の町中を練り歩きます。

 

曳子はマジでかっこいいです!

当日曳子は唐津市のヒーロー。

中~高生の曳子なら、その同級生はもちろん、先輩・後輩から

「写真撮って下さい!」の嵐!!

 

 

ちなみに僕は曳子ではありませんでした。

なので、当日僕に対する「写真撮って下さい!」という声がけは、「(カメラのシャッターを押してください)」ということでした。光栄です…

 

 

 

 

曳山と共に奏でられる祭囃子を堪能!

心地の良い、笛・太鼓・鐘が織り成す音色を、当日は至る所で耳にすることができます。それと、それに合わせた「エンヤ!」というかけ声ですね。(町によっては「ヨイサ!」のかけ声もあります。)百聞は一見に如かず、動画にてその音色を堪能下さい!

 

奏者もマジでかっこいいです!!

中~高生のころ周りの曳子の友人たちは、マセているヤツほど『奏者』だったような気がします。

 

 

唐津くんちの見所は…?

主に画像と動画で、簡単にご紹介します。

1日目|宵山

唐津くんちの初日は、その夜からスタートします。夜ならではのあしらいが、それぞれの曳山にほどこされています。

唐津くんち 宵山

宵山・右から「酒呑童子と源頼光(らいこう)の兜」「上杉謙信の兜」「武田信玄の兜」

 

2日目|御旅所神幸

正午頃、あのでっかい曳山を砂場に引き込んでいくのが2日目最大の見所!そして当然、入れたら出す必要があるので、その後の引き出しも見所!!

御旅所神幸

砂場に13台の曳山を全部引き込む

 

3日目|フィナーレ!曳山会館へ帰っていく曳山たち…

唐津くんちのフィナーレ、曳山たちは普段展示されている曳山会館へと帰っていきます!午後4時~5時ごろでしょうか。唐津最大の行事の締めくくりですから、観客や曳子の熱狂もひとしおです!

曳山展示場

左から「鳳凰丸」「飛龍」「金獅子」

 

ちなみに13番目の曳山「七宝丸」は、いちばん最後に曳山会館へと納められますが、最後ですので観客のアンコールに答えてしばらくの間曳山会館を出たり入ったりします。

七宝丸

13番目の曳山「七宝丸」

 

 

 

『唐津くんち』にまつわる思わず「へぇ~」と唸る情報

 へぇ~①|ユニクロのCMに出ているあの人も唐津くんちの元・奏者

この人です。笛吹いてますね!

 

佐藤 和哉さん。

佐藤 和哉さん

画像をクリックすると佐藤和哉さんHPへ!

プロフィール

九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。
中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。
ピアノ、ドラム、ギター弾き語りなど、音楽に没頭する 少年期を過ごすも、自分の中の『日本人の血』に目醒め、和楽器の演奏を始める。
大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され篠笛奏者の道を志す。
現在、東京を拠点に音楽活動を展開。 全国で公演を重ね、篠笛の講師としても精力的に活動。
2012 年06 月には国宝・薬師寺東塔解体式典「宝珠降臨法要」にて献笛を勤める。
近年では、作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。 また同作は、2014年日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞。
2016年には、佐賀県嬉野市の曲を制作。
佐藤の篠笛は”自心”と素直に向き合い、自身の経験・感情から生まれる旋律を、日本人の伝統と感性が創り上げた篠笛を通して表現することに一貫している。

 

同じ佐賀県出身で、活躍されていて誇らしいです。

 

へぇ~②|中尾彬さんが唐津くんちに出没!

ほぼ毎年、足を運んでいらっしゃるそうです。

中尾彬

事実、友人からよく写メが送られてきます(笑)

 

 

へぇ~③|E-girlsの鷲尾伶菜さんも実は佐賀県唐津市出身!

もしかしたら『唐津くんち』にいらっしゃっているのかも!?

鷲尾伶菜(E-girls)

 

ちなみに、『しゃべくり007』にE-girlsメンバーで出演されたとき、徳井さんから「鷲尾さんだけZIP出てる!?」ってイジられてましたね(笑)

さすが唐津っ子!!

 

 

へぇ~④|紅白で北島三郎とともに、7番山『飛龍』が登場!

当時、見ていて興奮しましたね!

 

 

へぇ~⑤|唐津くんちの裏で…『佐賀バルーンフェスタ』が開幕!!

こちらは世界規模で有名なイベントです。佐賀県佐賀市で開催!

11月3日がバルーンフェスタ・フィナーレで、『唐津くんち』と競合しています。なぜ同じ日にちに(笑)

しかし、いつも11月3日の新聞で大々的にバルーンフェスタが報じられるので勝手に「11月3日にしかないもんだ」「唐津くんちと同じ日程だから行けない」と勘違いしておりましたが、実は10月末から始まっているということをこの記事を書くことで初めて知りました!次は行ってみよう!!

佐賀バルーンフェスタ 佐賀バルーンフェスタ②

※参考公式サイト:佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

 

 

 

 

以上、『11月2日佐賀県唐津市最大の行事『唐津くんち』が開幕!思わず「へぇ~」と唸る情報を合わせてご紹介!!』でした。

記事書いている間に、1日目の『唐津くんち』が終わっちゃったよ。

EPIC!

※思わず「へぇ~」と唸る情報+1 追加です!!!

唐津くんちで目撃される変な生き物。ゆ、ゆるキャラ??

2015.11.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です