【速報】佐川急便「しまなみ海道手ぶらサイクリング」の受付時間が2015年9月21日に(勝手に)改定されていた件

しまなみ海道手ぶらサイクリング

お久しぶりです。

シルバーウィークは旅行に行っていました。

先日『【メンズ必見!】B型の彼女を満足させる旅行のプラン「19の鉄則」』という記事を書きましたので、B型の彼女を持つメンズ達の参考になるように旅行の内容はまた記事にしたいと思っていますが、その旅行プランのメインイベントがしまなみ海道サイクリングでした。

しまなみ海道サイクリングとは、広島県尾道市から約70km先の愛媛県今治市を目指して自転車で縦断するというアクティビティ。

※参考:しまなみ海道サイクリング。自転車でもっと楽しく。

でもこれ、「自転車で縦断」ですから、「あまり大荷物は持っていけない。」「スタート地点に旅行の荷物を置いて行くなら、取りに戻らなければならない。」といったことでみんな悩むと思うんですよね。

そんな悩みを解決するのが、佐川急便「しまなみ海道手ぶらサイクリング」です!

このサービスしまなみ海道サイクリング利用者に対して、チェックアウト後の手荷物当日配送を愛媛県今治市内と広島県尾道市内の提携先ホテル間で行うもの。自転車で旅行をする人の中には、手荷物を自転車に積んでサイクリングしているため、手荷物を最小限にする必要性や行動範囲が制限されるなど、サイクリングを満喫するための課題があった。同サービスを利用すれば手荷物に対する不安・心配を取り除くことができ、より快適にサイクリングを楽しむことができる。

受付時間は尾道市内は正午まで、今治市内は9時までで、提携先ホテルへの配送時間は18~19時となる。利用料金は864円から(~60cm・~2kg)設定しており、サイズ・重量は~160cm・~30kg(1,944円)まで対応する。

現在提携しているホテルは、尾道市側は4つ(尾道国際ホテル、HOTELCYCLE ONOMICHI U2、尾道第一ホテル、尾道ロイヤルホテル)、今治市側は5つ(サンライズ糸山、今治国際ホテル、ケーオーホテル、いまばり湯ノ浦ハイツ、ホテルアジュール汐の丸)となっている。

※引用元:マイナビニュース|しまなみ海道を手ぶらでサイクリング! 佐川急便が当日配送サービスを開始

素晴らしいサービスじゃないですか!
2015年5月21日からスタートしたサービスで、日が浅いためまだまだそこまで認知は広まっていないでしょうから、当ブログで絶対オススメしようと思っていました。

佐川急便はとても良いところに目を付けているなと。ただし、実際に利用してみて、ひとつとてもいただけないことがありました。それが、「しまなみ海道手ぶらサイクリング」の受付時間が2015年9月21日に(勝手に)改定されていたことです。

多分、ほとんどの人が実際に使ってみないと気づけないことで、かつ佐川急便もこのことを黙っているようなので、当ブログで【速報】として取り上げてみました。

 

「しまなみ海道手ぶらサイクリング」の受付時間は、本来尾道市側で正午までのはず。

佐川急便の公式サイトにも、いまだに以下の通り記載されています。

【佐川急便】「しまなみ海道手ぶらサイクリング」で手荷物を当日配送

佐川急便 しまなみ海道手ぶらサイクリング 受付時間

2015年9月23日時点の佐川急便公式サイトより

 

また、現地で入手できる公式パンフレットにもその通り記載があります。

しまなみ海道手ぶらサイクリング

なので当然、10時過ぎに荷物を預けても大丈夫だろうと思い、僕たちは9月22日10時15分ごろに『尾道第一ホテル』に到着したわけです。そうしたら…

 

「しまなみ海道手ぶらサイクリング」の受付時間が、9月21日に尾道市側で午前10時までに(勝手に)変更されていた

佐川急便の公式サイトなどで何のお知らせもなく、勝手に変更されていました。ありえないでしょー…

当然何も知らず10時15分ごろに到着した僕たちは、ホテルのスタッフから「昨日から受付時間が正午から午前10時までに変わったんです。」と説明を受け…もちろん納得がいきませんでした。だって、その情報を当日まで知る由もなかったのですから。

『尾道第一ホテル』のスタッフも、当然ですが、僕らの言っていることが正しいと判断してくれたようで、佐川急便に掛け合ってくれてドライバーに荷物を受け取りに来させてくれました。とても助かりました、ありがとうございます。

 

物流という社会インフラを担う企業の対応がそれでいいのか?

以下はあくまでイメージですが。

佐川急便の幹部①
「シルバーウィークめっちゃ大変やな~!もう尾道市側で受付時間正午までにするのは無理じゃない?ちょ、明日から受付時間午前10時までに変えようぜ!」

佐川急便の幹部②
「そうやな、賛成!でもHPいじったり、告知したりする時間はないから、とりあえず提携ホテルに通達だけしとこうか!そこでうまく断ってもらおうぜ!!」

…こんな感じで決まってしまったような、テキトーさと不誠実さを感じずにはいられませんでした。

物流という社会インフラを担う企業…だからこそ、こういった対応になるのかもしれません。

僕らみたいな、日本全体で見ればほんの一部のケースであろう消費者には、いちいちコストをかけてかまってられないのでしょう。

どうせそのインフラサービスを使わざるを得ない事態が、否が応でもあるのですから。

 

とはいえ「しまなみ海道手ぶらサイクリング」はよいサービスです!

心からそう思いますよ。

ただし当分は、まだどのサイトでもお知らせされていない、
尾道市側の受付時間は午前10時まで

ということだけ注意して、上手く活用してみて下さい!

「しまなみ海道手ぶらサイクリング」の利用を検討される方々が、計画段階でこのブログに行き着かれるをお祈りして…

 

次回は楽しく、シルバーウィークの旅行の記事を書きます。

B型彼女・うし江とのシルバーウィーク旅行へ続く

EPIC!

 

2016.04.04追記:
改訂されたようです。
以下の通りHPにて確認↓

http://www.sagawa-exp.co.jp/stc/

 

さがわさん、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です