結婚式の準備って何を決めていったらいーの?って人のために

結婚式 悩む

結婚式準備まっしぐらのうし江ととん平です。

帰省中も地元で式場探します。

 

僕らはそうでしたが、

結婚式の準備って何を決めていったらいいのか

最初分からなくないですか?

 

ブライダルカウンターからの事前アンケートが参考となりますので、ご紹介します。

 

とあるブライダルカウンターより 11の質問


 

1.時期

(以下は僕のコメントです。)

ブライダル関連の仕事経験がある友人が言うには、

自分なら人気のシーズンは避けたいとのこと。

忙しすぎて式場スタッフの手が回らず、

サービスのクオリティが落ちることが懸念されるからです。

 

人気なのは10月、11月など気候のよい時。

それに3連休や大安などが重なると、式場の忙しさはピークに…

3月も人気らしいけど、

これは3月決算で年度の売上を増やすためにゴリ押しする式場があるため。

…それはそれで、スタッフに余裕がなかったりするんだとか。

それに3月4月って転勤やら子供の卒業式・入学式やらで新生活のスタート時期だから、

みんな忙しくて余裕がないよね。僕らは避けたい。

夏の暑さと冬の寒さも避けたいな~

そんなことを考え出すと、時期ひとつとっても決まらなくなっていくのです(笑)

 

2.曜日

新婚夫婦の職業にもよりますでしょうか。

僕らは土日休み。

土曜日か連休の中日がよいですね。

ゲストもそれが嬉しいんじゃないでしょうか。

 

3.時間帯

大まかに、朝イチ から/昼過ぎから/夕方からでしょうか。

朝イチからの挙式は花嫁の準備や遠方からの出席者が大変そうです。

 

4.六輝を気にするかどうか

大安とか仏滅とか。

僕らは気にしまへん。

それでも大安は人気でどの式場も忙しくなるそうです。

仏滅は人気がないから、「仏滅割引」が適用される式場もあります。

 

5.希望のエリア

居住地(僕らなら大阪)でやるか、

出身地(僕らなら佐賀)でやるか、

いっそのことリゾート地(軽井沢とかハワイとか)でやるか。

さらにその土地のどの地域でやるかまで。

大阪なら、梅田がいいかそれとも難波がいいか、みたいな。

 

6.人数

これも早い段階で決めておく必要がありますね。

基本は人数が多ければ多いほど、新郎新婦の持ち出しは減ると言われているそうです。

たくさんの人が出席してくれるのは、色んな意味で幸せですね。

 

7.希望の会場形式 ホテル/ゲストハウス/レストラン

結婚式をするならゲストハウス

そんな風に考えている時期が俺にもありました。

ちなみに式に必要な費用は、

ゲウトハウス > ホテル > レストラン

となるのが一般的なようです。

 

8.挙式スタイル

チャペル式・神前式・仏前式・人前式・宴内式のどれかでしょうか。

これはブライダルフェアで模擬式を行っている式場もあるので、

それに参加して決められるのがよいではないでしょうか。

僕らは神前式がよいです。

 

9.こだわりポイント 料理/予算/アクセス/雰囲気/対応/ロケーション/その他

僕らはいかにゲストにとって良い時間になるかを第一に考えたいです。

だから最優先は料理ですね。

スタッフの対応も大事。

それとうし江の衣装も、いいもの着て欲しい。

雰囲気はブライダルフェアなどで実際に見てみないとわからないんじゃないでしょうか。

 

10.既に気になっている式場

この質問に回答すると、

その式場の雰囲気と似ている他の式場を探してくれたりして、

よりよい提案を受けることができます。

 

11.その他希望

バンド演奏の持ち込みができるかどうかや、

料理の食材の指定が可能かどうか、

式場と非提携のパフォーマーや芸人を呼んだりしてもよいか

などでしょうか。

その新郎新婦独自の「らしさ」をどう演出したいのか、

希望があるなら要回答です。

 

ウェディングの準備は楽しいよ!

世間では、

ウェディングの準備に旦那が無関心で夫婦喧嘩をした

などの話を聞いたりしますが、

僕らはそうならないんじゃないかなと思えるくらい

楽しんでやってますよ!

 

またウェディング関連で良い情報があればご紹介します。

EPIC!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です