超有能なフジタカのマルチケース 小銭・鍵・Suicaをひとまとめに!

大都会・東京をサバイブするアイテムとして、俺が特に入手を熱望していたのがマルチケースタイプの小銭入れだ。

これを購入するまでの間、とても辛い時間を過ごしていたように思う。

マルチケースとは…ここでは、特に出し入れの多い小銭・鍵・Suicaをひとまとめにしてコンパクトに収納・持ち運びできる超有能なアイテムのことを指しています。(Suica=関東圏の交通系電子マネーICカード)

 

とにかく欲しかったのは、憧れのFUJITAKAブランド革製品・マルチケース スマートキー対応 ネイション だ。在庫切れになる前に、なんとしても!

 

 

①ANA VISA Suicaカード(=Suica定期券) ⇒ ②ソファー ⇒ ③マルチケース という順番でアイテムの購入を決めていたから、だいぶ長い時間おあずけをくらってしまったぜ。

26日 待望のANA VISA Suicaカードと共に立川のIKEAへ

2017.08.27

IKEAの2人掛けソファ KIVIK が高コスパで快適すぎる

2017.09.02

 

念願の【フジタカ マルチケース スマートキー対応 ネイション】

洗練された革の風合い・色合いの美しさ!

9月5日 火曜日 遂に到着!

 

オッケーーイ!!
※ブログJACK HOUSEより、真似したくなる中毒性

 

控えめに言って、最高だった。

 

小銭・鍵・Suicaをひとまとめにできる機能性!

すでに言及した内容ですが、小銭・鍵・Suicaってひとまとめにしたくないですか?

 

まず小銭

俺の場合、小銭を長財布に入れるのが嫌だから極力小銭をつくらないように日々心がけているのだが、それでもカードNGの店とかで会計するとどうしてもおつりで小銭が返ってきてしまう。

 

…とか言って小銭を道端に捨てる与沢翼天生翔先生ではないので、とりあえず右のポケットに入れる。しかしうっとおしいのは事実だ。

 

そして次に

これこそ毎日出し入れせざるを得ないからポケットに入れておきたいものだが、左のポケットには会社の携帯が入ってるし右のポケットだと上記の通り小銭と競合するので、仕方なくカバンにしまう。で、毎朝毎晩出し入れする。

 

そして最後にSuica

東京に来て毎日電車通勤するようになってからはSuicaの出し入れも相当うっとおしい・・・しかし、むきだしのICカードをポケットに入れるのは、俺的にはどうにもおさまりが悪い。なので、これは仕方なく長財布に入れてカバンにしまっている。で毎朝毎晩、更には営業に伴う移動の度に出し入れする。

 

・・・

こんな風に生活の様々なシーンに応じて必要な小物を、ポケットやらカバンやらカバンのポケットやら色んな所にアクセスして出し入れしなければならないのが、俺はうっとおしくてしょうがなかった。

 

ちゃんぺい
全部ひとつにまとまって、右のポケットにだけおさまっていればいいのに…

 

そんな願いを叶えてくれた製品が、これだ!!

☞購入WEBサイト|FUJITAKA公式通販

 

 

唯一の欠点?

実際収納してみて分かったのだが、2つ折り構造のため鍵を収納するにはホールド力が弱く、ケースを逆さまにすると鍵がその重みですぐにぷらーんと飛び出してくる。ちゃんと閉じていても。

 

こんな感じ。ぷらーん て

だから、大体のキーケースは3つ折りなのだということをこの時理解した。

 

ちなみにこのフジタカのマルチケース以外にも検討していた同種の製品があり、それは3つ折りだった。

上記の鍵ぷらーんが気になる人はこっちの方がいいのかも↓

 

…まあ俺はなんといってもフジタカ革製品が欲しかった(ミーハーだ)から、これくらいの欠点は全然許容範囲だ。

 

大事なことだからもう1度言う。念願で最高の超有能なフジタカマルチケーススマートキー対応ネイションんn!!

商品説明
国産カーフ x イタリアンレザーのコラボレーション小物【ネイション】マルチケース。バイカラーのデザインが美しい革小物です。FUJITAKAイメージカラーのかがりステッチがデザインのワンポイント。日本独特の優しい色合いが、お会計時のお手元をさりげなく彩ります。

小銭入れ・スマートキー対応のキーケース・カード収納も付いたマルチケースです。

[本体素材]
外側には流通量が非常に少ない国産カーフを使用しています。顔料等を使用しない素上げのため、革本来の質感が十分に楽しめて、手に吸い付くような優しいタッチ感が魅力です。インポートの基準とは異なり、生後6ヶ月以内の子牛の革を使用して、牛革の中で最も上質な素材とされています。肌のキメが細かくて柔らかく、薄い素材となっています。

内側には、イタリア産ベジタブルフルタンニン鞣しのオイルレザーを使用。バケット製法という方法でオイルを染み込ませています。一般的には、加工しやすく革の中に浸透しやすい魚や植物の油が用いられますが、バケッタ製法では牛革に合った牛脚脂を使用します。ただし、牛脚脂は加工に時間がかかる上、浸透しにくい性質を持っているため、より時間をかけてじっくりと油を浸透させなければなりません。こうして仕上げたオイルレザーは、油分が抜けにくく、より味わいのあるエイジングを得ることができる革になります。

FUJITAKA公式通販 フジタカ マルチケーススマートキー対応 ネイション 商品説明 より引用

 

そう、質感とかタッチとかキメとかエイジングとかが、とにかく最高なのだ。

 

 

 

・・・

 

そんな最高の革小物を俺は、カッターナイフや木工ボンド、洗顔シートでズタズタにしてしまったのだ。。。

占いで「何をやってもダメな日」って言われたら、たぶんこんな感じ。

2017.09.08

 

くっ・・・!キーボードを叩いてて軽く死にたくなるな。。。

 

でも、生きて行きましょうや

 

【ブログランキングに参加しています】
クリックで応援頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

SPONSERED LINK









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です