IKEAの2人掛けソファ KIVIK が高コスパで快適すぎる

 

とうとう我が家に、待望のソファーが設置されました。

特にうし江さんがもう狂喜乱舞… いや、怠惰満喫中です。

いつも寝っころがってらっしゃるから、俺が座れないんだけど(笑)

 

購入したのはIKEAの2人掛けソファ KIVIK

 

何と言っても安い!!

僕らはちょっと良さ目なソファーカバーにしたけど、もっと安いカバーだとトータル29,990円で同じ型のソファーが買えます。

 

そして快適!!

特に素晴らしいのはその座面の広さと、両端の肘掛けが低いこと。

この辺がうし江さんのニーズとピッタリ合致しましたね。

お値段以上の座り心地、寝心地です。

 

 

IKEA製品 高コスパの理由は…

みなさんご存知の通り、自分で組み立てるから です。DIY。

前回記事にした通り、購入の時も自分で頑張る必要がある。徹底したDIYだ。

26日 待望のANA VISA Suicaカードと共に立川のIKEAへ

2017.08.27

 

以下、製造工程の一部

 

このがらんどうなリビングに、

 

 

そのほとんどのスペースを占めるIKEAソファーが到着!

ちなみに送料は3,000円(税込)で、最短3日後の到着。このへんもIKEAクオリティやね。

ていうか、日本の宅配便のクオリティが過剰なんやろうね。

 

 

IKEAのソファー組立には、最低でも2人人手が必要だと思う。

これも俺が支えながら、下でうし江がねじを締めるという共同作業。

 

 

さっきの作業が一番大変で、後はワリと簡単だったかな。

それと、座面を支えるスプリングのおろよさに笑う。

※おろよい…たぶん九州の方言(佐賀県のみ?)。しょぼいとか安っぽいとかちゃちいとか、そんな意味。

 

 

 

ソファーカバーはマジックテープで固定。「やっぱりおろよい!」と、2人ではしゃぎながら造る(笑)

 

そして・・・

 

 

完成!!!

だいたい作業時間は2時間くらい。

なかなか大変だったしおろよかったけど、値段が値段やしまぁいっかと思えるのがIKEAマジック。

大塚家具は絶対ビジネスモデルを元に戻した方がいいと、つくづく思う。IKEAとかニトリに寄せても絶対勝てんから。

※参考記事:MONEY PLUS|「大塚家具」が2年連続45億円の赤字に転落した理由

 

ただ、想像以上に部屋のスペースを占有したので、ソファー下でテーブルを囲むのが困難に(笑) 座面の広さが裏目に出た。

これでは友達を呼んでタコパや鍋ができなくなってしまう。ゆゆしき事態だ。

東京ちゃんぺい日記 8月20日 -ブラックモンブランも東京に進出-

2017.08.21

 

そこで・・・

 

 

模様替えで解決。

 

 

ソファーの座面の広さが気にならないくらい、テーブル周りのスペースも広くとれるようになったし、カウンターキッチンからTVも見ることができるので、結果的にベストな配置に落ち着いたものと思われる。

そして、このソファーの後ろのスペースに実は、匠(うし江)のアイデアで驚くべき工夫が・・・それは後日別途記事にしようかな。

憧れの書斎!IKEAのMIKCEデスクが狭いスペースにぴったり

2017.09.05

 

SPONSERED LINK



 

(補足)『うし江の欲しいものリスト・ソファー編』のご紹介

立川という僕らの家から比較的アクセスの良い場所にIKEAがあったのと、「実際に座ってみて購入を決めた方がいい」という思いから『IKEA 2人掛けソファー KIVIK』を購入しましたが、通販での購入も検討していました。

安価で結構よさそうなラインナップ、せっかくなのでご紹介。

 

 

 

 

 

実際座ってないからわからんけど、これらも相当安くて高品質な気がする…

購入した人がいれば、是非感想聞きたい。

 

 

最後に ソファはもっと高価なものだと思ってた

…俺の中では。

というのも、大学時代に読んだ村上春樹小説のせいだ(笑)

ソファー選びにはその人間の品位がにじみ出るものだと
――またこれはたぶん偏見だと思うが――確信している。
ソファーというものは犯すことのできない確固としたひとつの世界なのだ。
しかしこれは良いソファーに座って育った人間にしかわからない。
良い本を読んで育ったり、良い音楽を聴いて育ったりするのと同じだ。
ひとつの良いソファーはもうひとつの良いソファーを生み、悪いソファーはもうひとつの悪いソファーを生む。
(中略)
良いソファーを買うにはそれなりの見識と経験と哲学が必要なのだ。
金はかかるが、金を出せばいいというものではない。
ソファーとは何かという確固としたイメージなしには優れたソファーを手に入れることは不可能なのだ。

※引用|村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』

 

 

 

 

・・・

 

すごい偏見だ。

村上春樹小説の主人公はいつもおかしな偏見に満ちている。

しかし、そんな村上春樹小説主人公への憧れのせいで予算は15万円くらいを僕は見込んでいた(笑)

 

…実際購入したのは、IKEA 二人掛けソファ KIVIK 36,990円

結果的に、かなりコストカットできたのでよかったと思う。

そして想像以上に快適だ。

 

たぶん、この小説が出版された時代にはコスパという概念が無かったのだろう。

コスパだって、立派な哲学だぜ。

 

【ブログランキングに参加しています】
クリックで応援頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

SPONSERED LINK










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です