【ミュゼ経営危機!】クレジットカードで前払い決済しているうし江に至急解約をすすめました。

怒るとん平・驚くうし江

やっぱりお客様を大事にできない企業はつぶれますね。

■参考記事

Business Journal|ミュゼプラチナム、資金繰り悪化で私的整理 多額簿外負債が発覚、前受金を売上計上

blogos|「脱毛エステ最大手」ついに「経営破たん」:刑事事件に発展も 

うちのうし江がミュゼの脱毛コースを利用していたので、至急解約をすすめました。

早くしないと、会社が破産したらクレジットカードで既に支払ってしまった残りのサービス料金が返金されない可能性がありますから。

みんなも急げ~

 

 

半年くらい前からうし江(彼女)には解約を勧めていた

別にミュゼの経営危機のことを事前にキャッチしていたわけではありませんが、

うし江の体験を聞いていると、

客商売なのにホスピタリティがなさすぎることに腹を立てていたんです。

 

ホスピタリティがないその①:契約時に説明を受けた内容と実際のサービスが異なる

契約時は「2ヶ月に1回のペースで施術するから、約2年間で完了する」と説明を受けています。

実際に施術がスタートすると、2ヶ月間隔では予約が全くできず4ヶ月後の予約しかとれなかったそうです。

うし江が「最初に確認した内容と違いますよね?4ヶ月間隔で通うなら2年じゃなくて4年かかるじゃないですか。」と問い合わせると、

「はい、そういうことになります。」と回答が返ってきたそうです。

契約の時に言ったことと、サービス始まってからやってることの内容が全然違うって、客商売として最悪じゃないですか。

ミュゼに対するこの手のクレームは、インターネットで調べるとかなり多いみたいですね。

なのに懲りずに、わりと最近うちのポストに「2ヶ月毎に通って約2年で施術完了」みたいな内容のミュゼのチラシが投かんされてきました。

なんと無礼な 笑

 

ホスピタリティがないその②:予約時間に数分遅れてきた客への超絶塩対応を目撃

うし江が遅れたわけではありませんが、

別のお客さんが予約時間に数分遅れてきた時の出来事を目撃した時のこと。

たった数分の遅刻でも絶対に受け入れられないようです。

次の予約は4ヶ月後…そのお客さんは泣いていたそうです。

もちろん遅刻する方も落ち度はありますが、そんなんされたらその人はもう二度とその店に行きたくないですよね。

そのことにまったく配慮できないのは、それだけ新規の契約が多いからなのか、それにしても殿様すぎるでしょ。

 

こんな体験談を聴いて僕は怖くなっていた

こんなことを現場が平気でやってしまう企業って、絶対になんか重大な失敗をするとか、サービスの手を抜いてたりとかしてると思うんですよね。

大事なうし江が施術に失敗して怪我したりとか大変なことになってしまうのではないかということをとても心配していました。

だから解約をいつも勧めていたのですが、

そうしてるうちに実はミュゼの会社経営そのものが破たんに向かっていたという…(驚)

 

大至急解約へ急げ!

冒頭の参考記事を添えて、うし江に大至急解約をするように伝えました。今は本人も納得しています。

経営破たんしてしまうと、クレジットカードで前払いしてしまったサービス料金が返金されない可能性があります!

※だから本来ミュゼのようなビジネスは普通はクレジットカード決済の審査は通らないはずなんですけどね…脱毛も原則NGです。海外決済でも無理です。
(関連記事|なぜそのビジネスはクレジットカード決済を導入できないのか?
(関連記事|なぜそのビジネスでクレジットカード決済を導入できるのか?

 

ちゃんと解約・返金がなされるのか約款を調べてみた

<中途解約>
クーリングオフ期間を過ぎた場合でも契約を解除できます。
解約時の返金額等の算出方法としては、コース1回あたりの料金である補正単価(契約金額を契約回数で除した結果が割り切れない場合1円未満を切り捨て)に利用回数をかけた金額を消化額とし、支払総額から消化額を引いた金額を清算金とします。
清算金=支払総額 - (1回あたりの料金 × 利用回数)
なお、契約期間内のみのお手入れを一度も行っていないコースの解約については受領した金額を全額返金します。

・・・(以下略)・・・
※解約に伴う違約金、手数料は頂いておりません。
※現金の受け渡しによる返金は行っていません。金融機関への振込とさせていただきます。
※クレジットカードでのお支払の場合、返金についてはクレジットカード会社所定の方法によるものとします。

ちゃんと解約できるし、残コース分の料金も返金されるみたいですね。

 

返金額がいくらか調べてみた

うし江が購入したサービスの明細です。

musee

ミュゼ・サービス内容

 

うし江のサービス利用回数は「5回」(※すみません、誤記していました)「12回」とのことです。

えーと、支払総額 - (1回あたりの料金 × 利用回数)にあてはめると、

 148,644円 - (4,129円 × 12回) = 99,096円

まっとうに計算すれば、返金金額は99,096円となります。

経営破たんするからといって、この金額が返金されないのはありえないでしょ!それは阻止せねば…

 

解約・返金要求は経営破たんしてからではもう遅い

「いくらなんでもそんなことないでしょ!」って思っている人がいたら要注意!

以前、株式会社NOVAが破産した時に大問題になってますから!!

■参考:国民生活センター|株式会社NOVAの破産について

返金する意志は示しても、「まっとうに計算」をしてくれない可能性だってありますからね。

「契約当時とは単価が変わりました」とか言って。

 

とにかく、破たんしてからでは今以上にややこしくなることは間違いありません。

みんなマジで急げ~!!!

<2015.09.30 追記>
うし江がミュゼを解約しました!ミュゼの解約や返金についてより詳細を知りたい方はコチラへ!↓

ミュゼの倒産危機報道を受けて彼女に解約を勧めた結果…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です