瓦町ブラン「え?みんな仕事は??」みたいな時間から行列できてる人気店!

瓦町ブラン

とある日の大阪市中央区瓦町4丁目にて。

「え?みんな仕事は??」

僕が営業でまだ外回りしていた時間に、行列ができているお店を発見。

それがだいたい2年前、僕と【大衆食堂 瓦町ブラン】の出会いでした。

強烈に興味をそそられて、その後すぐにうし江と訪問。それからというものかなりハマって何度も通っている、僕らの中の屈指の名店です。

そんな瓦町ブランの情報を、美味しいということはもちろんのこと、ちょっとした耳寄り情報も交えてご紹介します。

 

 

SPONSERED LINK



料理が美味しい!だからこそ「予約不可」なのです

人気店だけど、残念ながら「予約不可」です…

なぜ僕がまだ会社の業務を終われないような時間帯から、行列ができているのか…

それは、瓦町ブランが予約のできない人気店だからです!

オープンの18時めがけて、みんな早いもの勝ちなのです。

※僕の定時は18:30です…泣

2017年4月時点では、火曜日を除き予約できるようになってました!

 

「予約不可」という戦略と大前提

予約って一見、客にとっても店にとってもメリットありそうな仕組みだけど、実はそうじゃないこともある、と、ブランを見て思いました。

ブランのように比較的小さなスペースの店舗だと、予約を受付けてるとすぐ席が埋まってしまってその後何組ものお客さんの問合せを受けてはお断りしなきゃいけないから、そこでかなりの無駄が発生してしまうのでしょう。しかもその予約が当日キャンセルになろうもんなら、その予約があったからお断りをしてきたお客さんももう取り戻せないから、かなりの機会損失になってしまいます。

そうなってしまうくらいなら、もういっそのこと予約なんてやめてしまって、

お客さんに
「今日はすぐに入れるかな?」
「しばらく並んだら行けるかな??」
という期待感をもたせて、とりあえず当日来店してもらった方がいいわけですよ!

更に、それによって行列ができているのはいい宣伝効果になっています。

実際、僕も行列に釣られてブランを訪問したわけですし。並んでいる時には通行人が興味津々で写真を撮ったり店名チェックしているのをよく見かけますよ。

従って「予約不可」とすることが、ブランにとってはかなりプラスに働いているのです。

…という、僕の勝手な分析でした(笑)

2017年4月時点には、予約できるようになってました・・・

 

でもね、仮にこの「予約不可」戦略の分析が的中していたとしても、その大前提として

料理がめっちゃ美味しい

ってことがお店には求められるわけですよ!

「予約できないから入れる保証はないけど行きたい!」

「並んでもいいからこのお店で食事したい!!」

更に食後は

「並んで待った甲斐があった。。。」

こんな思いをお客さんから引き出す料理が提供できないと、「予約不可」なんて到底できないですよ。予約受付してしまうと、予約が殺到してしまうお店だからこそ、「予約不可」にできるんです。

…つまり「予約不可」で成り立つかつて成り立っていた瓦町ブランは、料理がめっちゃ美味しいのです!!!

 

絶対食べよう 「アンチョビポテト」

ブランといえば、その看板メニューはなんといってもアンチョビポテトです。入店出来たら、絶対注文しましょう。

ブランのアンチョビポテト

 

こんなに美味しくて、お酒のアテになるポテトサラダは、他のお店では食べられません!

たった¥500で、山盛り提供頂けます。これでビール3杯くらいいけますよ。

これが食べれた時点で感無量、「並んだ甲斐があった」と思います。

 

もうひとつの絶対食べたい 「ホタテのバター焼き生ウニ添え」

これもブランに行ったら絶対食べたいオススメの一品ですが…

前々回行った時は大人気につきホタテが無くなってしまったとのこと、

そして前回行った時は昨今はホタテの仕入れが困難とのことでメニューにありませんでした(泣)

また復活を信じましょう。メニューにあったらラッキーです。絶対食べましょう。

 

何を食べても満足できる!シェフの料理の腕前

本当に毎回、何を注文してもウマイです!

そんな絶品洋食の数々を生み出すシェフの似顔絵が、店内に飾られています。

ブラン シェフ 似顔絵

バカにするなんてとんでもない!

 

 

SPONSERED LINK



ブラン訪問3つのツボ

何度もブランに通っている僕らが、比較的スムーズに入店するための情報をお教えします。

①2回転目を狙え!!

※2017年4月時点では火曜日を除き予約できるようになっていたので、火曜日を狙っていく時に以下を参考にして下さい。

ブランの営業時間は18:00~23:30 (フードラストオーダー22:30)です。

オープンの18:00と同時に入店しようとすると、17:00~17:30くらいの時間帯から並んでおく必要があります。

仕事でその時間帯から並ぶのは難しいという人も多いと思います。なのでおのずと、勝負は2回転目の席取りということになってきます。

…ここで耳より情報。

ブランの席は2時間制なのです。

ということは、必然的に2回転目の席が空くのは20:00からと、容易に予測ができるのです!

更に、それを知らない人が多いのか、はたまたもう別のお店に行っちゃったのか、意外とこの2回転目を狙って並んでいる人は少ないです。

僕らは前回、19:45頃ブランに行ってみて、目論見通り15分待ちくらいで入店できました。

大事を取るなら19:30頃から並んでおけば、ほぼ100%入店できますよ。

 

②知ってる人は知っている!火曜日の「オッサンデー」を狙え!!

毎週火曜日は、オッサンのお客さんのみに限定する「オッサンデー」が実施されています。

オッサン一人につき、女子一人の同伴が許されています。

オッサンデイ!

オッサンにはありがたい制度!

<オッサンデーの使い方:イメージ>

うし江
行くぞオッサン!!
とん平
・・・オッサン(ガビーン)

 

③クリスマスは穴場!

彼女A
え!クリスマスにディナーのお店予約してないなんて、有り得ない!!!怒

彼氏B
はわわ・・・!

 

こんなことになることをみんな恐れているわけですよ。

その世間の心理を逆手にとって、昨年のクリスマス・イブにブランに行ったら、すんなり入店できました。大当たり!

※クリスマスが火曜日だったなら、あながち間違いじゃないけど・・・

ブランで美味しい、豪華クリスマス・ディナーを堪能しました。

しかもワインのボトルを入れて、2人でいっぱいご飯食べても、お会計は10,000円程度。ブランはコスパも良しなのです!!

 

さぁ、美味しい洋食を食べに【瓦町ブラン】に行こう!

美食家ではないので、料理のジャンルが何とかまでは分かりませんが(笑)

美味しい洋食の大衆食堂です!

店舗情報 詳細

TEL:06-6232-1181*予約不可です!*
⇒火曜日以外は予約可能!
住所:大阪府大阪市中央区瓦町4-5-6(四つ橋線 本町駅26番出口から徒歩8分)
MAP:https://goo.gl/maps/UCyShVZQuKr
営業時間:月~金 平日の夜のみ
[夜] 18:00~23:30 (フードラストオーダー22:30)

※僕らの食べログレビューもご参照下さい!

☞食べログ うしぺいミシュラン!
ちょっと贅沢したい時のオススメ!!

 

そして最後に…

ややこしい方入店お断り

ですよ!!

 

EPIC!

 

【食べログブログランキングに参加しています】
クリックで応援頂けると嬉しいです↓

食べログ グルメブログランキング

SPONSERED LINK









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です