大事なもんを大切にできるかい?思い出の革製品は業者に頼んで修理すればいいとうし江が実証!

leather-repair!!

“大事なもんを 大切にできるかい?”

これはみなさんおなじみ、B’zの名曲『銀の翼で翔べ』のワンフレーズ(みなさん知らねーよw)ですが、

それを体現するかのごとく、我が彼女・うし江がやってくれました。

今回のお話しは『思い出の革製品は業者に頼んで修理すればいいとうし江が実証!』です。

大事な革製品は修理することで、より長く使っていけるようです。

 

革製品が修理できる業者って、どんなところ?

革製品を修理に出すにあたって、うし江が業者を吟味していました。それと、この記事を書くにあたり、僕が何社かピックアップしました。修理するのが難しい加工の革製品もあるそうで、そのあたりも踏まえてご紹介します。

①エムハウスカンパニー さん

エムハウス カンパニー

※画像をクリックするとサイトへ遷移

うし江が修理を依頼した業者です。

一番の決め手になったのはエナメルの染め替えができること。

うし江が修理に出したかった品々の中に、エナメル加工の革製品にカラープリントのインクが色移りしてしまったものがありました。コチラです。

エナメル色移り

残念すぎる・・・

そして、エナメルの染み抜き・クリーニングはほとんどの業者が不可能なんだそうです。染め替えができる業者も限られるよう。

そんな中で、快く染め替えに応じて頂いたのがエムハウスカンパニーさん!大阪府内の業者でもあるので、その点も大阪に住んでいるうし江にとっては安心できるポイントでした。加えて、他の業者と相見積した結果、一番お値ごろだったそうです。

後述しますが、その仕上がりにはうし江も満足しております。但し、仕上がりには…ね。。。

 

ぶっちゃけ、客対応はかなりイマイチだったそうで、2度の納期日遅れがあったうえに、こちらから問い合わせないと納期遅れの連絡や理由の説明がなされないということに、うし江はかなり不安になっていました。染め替えに失敗してしまって隠そうとしているんじゃないかと…

大事な品物を預かっているからこそ、そのあたりは繊細な対応を、企業努力して欲しいです。エラソーなこと言って恐縮ですが。

 

②革研究所 さん

革研究所

※画像をクリックするとサイトへ遷移

なんか大手っぽいですね!フランチャイズ店舗がたくさんあります。

そしてこちらも、エナメル染め替えOKなようです。革研究所さんのブログ内検索で、「エナメル」と検索したら、ばっちり参考記事が出ていきました。

【miumiu】ミュウミュウ エナメルパンプス 色移り シミ 染め直し!

これはうし江が修理に出す前、一番求めていた情報ですね!同じくミュウミュウのエナメル製品の色移りで悩んでいたわけだし。

かなりの頻度でブログが更新されているのは、とん平的にはポイント高いです。企業努力のひとつの指標ですよね。

 

③革水 さん

革水

※画像をクリックするとサイトへ遷移

こちらは、一番最初にうし江が修理依頼に持ち込んだとある百貨店の店舗が「エナメル革製品修理不可」だったため、代わりに紹介頂いた店舗。しかしこちらでも、うし江のエナメル色移りの状態を写真で確認頂いたところ「クリーニング不可」の判定でした。

こちらの店舗は、染め替えや色補正よりもクリーニングが強みのようですね。

 

④アトリエ8845 さん

アトリエ8845

※画像をクリックするとサイトへ遷移

ここはなんといっても、WEBサイトが綺麗です!

facebook等、SNSで実績や情報を発信されていらっしゃるようです。大阪市中央区の会社だし、僕の思い出の長財布(うし江からのプレゼント)の修理をこちらに依頼しようか検討中です。

 

⑤brand-repair.com さん

brand-repair.com

※画像をクリックするとサイトへ遷移

こちらはWEBサイトから修理に対するこだわりや理念を強く感じる業者さんで、こちらも僕の修理依頼の候補です。

ブログで写真をふんだんに使った修理記録を公開して下さっているのがよいですね。分かりやすいし、実績内容も豊富です!

ブランド病院 鞄・財布の修理外科

 

 

…他にも同業他社はまだまだたくさんあるようで、どこに依頼するかは希望する修理の内容に対応できるかどうかの判断はもちろんのこと、サイトやブログを見て感じたインスピレーションで決めるか、あるいは価格重視なら相見積とってみるとよさそうですね。

 

うし江の大事な革製品・劇的ビフォーアフター

さてここからが、実際にうし江が革製品を修理に出した結果の発表です!!

3点ありますが、それぞれにまつわる思い出話も添えて参ります。

 

 ①ミュウミュウ・エナメル加工の名刺ケース

早速、今回一番問題になったエナメル革製品のビフォーアフター。

before

ミュウミュウ名刺入れ

after

ミュウミュウ名刺ケースafter ミュウミュウ名刺ケース裏面after

エナメル革製品の修理は染め替えが基本のようです。それならばと、気分を変えてカラーを一新することにしたうし江。エナメル加工もばっちりほどこされ、生まれ変わりました。このカラーなら今後は色移りの心配もなさそうですし、おそらくオンリーワンの名刺ケースです。

この製品にまつわる思い出…

実はこの1品、僕からうし江への、付き合ってはじめてとなるプレゼントでした。それがまさか、あんなこと(色移りのことね)になろうとは…

しかも僕が渡してからすぐにああなってしまったので、これには僕が怒ると思ってうし江はしばらくこの名刺ケースを僕から隠していました(笑)

 

②イブサンローラン・ゴールドの長財布

僕らは「これ以上良いものはない!」と思う長財布です。これからも使っていけそうで何よりです。

before

イブサンローラン長財布
イブサンローラン長財布・裏

after

イブサンローラン・ゴールド長財布
イブサンローラン・ゴールド長財布・裏

 

しかし、ビフォー・アフターそれぞれの写真の明暗に差がありすぎですね…撮影下手ですみません(汗)

でもこちらで、色褪せや変色、そして一番のポイントとなる手紙風の文字プリントのかすれが目立つビフォーの状態に対して、アフターではそれらがちゃんと修復されているのがお分かり頂けると思います。

色に関しては以下の比較が分かりやすいかもしれません。

イブサンローラン財布・擦れ

before

長財布角擦れ修復

after

使い古して黄土色になってしまった状態から、見事ゴールドの輝きを取り戻しました!角の擦れも修復されています。

この製品にまつわる思い出…

こちらは24歳の時に「社会人1年間頑張った記念」で長財布のプレゼント交換をすることを企画して、僕からうし江に渡したものです。当時大阪市内中の百貨店を探し回って手に入れた一品です!

あまりに見つからなくて、店舗の人に全国のイブサンローランへ問合せしてもらったら、

「この型はもう在庫が1点しかない。しかも取り置きされている。」という事実が分かり一度は入手を諦めました。

しかし、最後に行った阪急百貨店のイブサンローランが、実はその最後の在庫を保有しているのが分かり、しかもちょうど取り置きがキャンセルになったタイミングで僕が来店するというミラクルを引き寄せました!!

これほどのプレゼントはなかなかないでしょう。もともとうし江が恋焦がれていた一品でもあり、プレゼントしてからこれまで数年間、大事に使ってくれました。

今回修理したことで、これからも大切に使ってくれるようで、嬉しい限りです。

 

③ブランド不明・豹柄ポーチ

これは肩かけ用の革ひもが長すぎて、うし江が使いたくても使えなかった一品。短くするためにかなりばっさりいったようです。アフター写真しかございませんが、あしからず。

豹柄ポーチ・肩かけ用革ひも

ちゃんと仕上げてあります。

牛が豹をからう斬新さ

牛が豹を…

牛が豹をからうという斬新なスタイル。トップスはもちろん“牛”を意識した、うし江ならではの着こなしです(笑)

こちらの製品にまつわる思い出…

うし江のおばあちゃんからのもらいものです。ナウい!!

しかし、肩かけ用のひもの長さが、イマドキ仕様ではなかったんですねぇ…

 

大事なもんを 大切にしよう!!

あなたのその革製品も、使用を諦めたり捨てたりするにはまだ早いかも!?

僕もうし江にならって、もう数年前から使わなくなったけど大事にとってあるヨウジヤマモトの長財布(社会人1年間頑張った記念のプレゼント交換でうし江からもらったもの)を、修理に出してまた使えるようにするつもりです。改めて、大切にします。

EPIC!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です