B型彼女・うし江とのシルバーウィーク旅行【1日目・尾道市観光編】

千光寺公園展望台から望む夕暮

□関連記事:

【メンズ必見!】B型の彼女を満足させる旅行のプラン「19の鉄則」

2015.09.11

B型彼女・うし江とのシルバーウィーク旅行【計画編】

2015.09.25

B型彼女・うし江ととん平のシルバーウィーク旅行は果たして上手く行ったのか…

今回は1日目の尾道市観光のお話について、ご紹介いたします。

 

大阪市から尾道市へ出発!しかしいきなりの失態…

予定通り大阪市⇔福山市間を移動する「びんごライナー」の9:40発を利用しますが、梅田のバス乗り場の位置が分かりませんでした。

近鉄バス高速予約センターに問合せ(06-6772-1631)したところ、「東梅田駅の7番出口から出てすぐのところにバス停があります」と聞いたことが裏目に出てしまいました。これは僕のせいです。

東梅田駅から泉の広場に向かって歩いて行き(この時点で間違い)、そこで7番と一応表記のある非常階段を出るとちょうどバス停があるんです。その偶然がいけなかった…そこを、乗車3分前までびんごライナーの乗り場だと信じてたんです。

ビンゴライナーバス乗り場

地図上の赤丸が間違いのバス亭/青丸が正しいバス停

3分前になってさすがにおかしいと思い、東梅田の7番出口の位置をネットで確認しそれが御堂筋沿いであることを把握、間違いに気づきました。

はじけるように猛ダッシュしました。うし江を置いて(笑)

 

…これは、バスが出発してしまう前にとにかくまず僕が何とかバス乗り場に到着して、うし江が合流するまで運転手さんに待ってもらうという作戦だったんです。決してガチで置いていったわけではありませんよ。

目論見通り、なんとか僕がバス乗り場に出発時刻ギリギリで間に合い、うし江の合流を待ってもらうことができました。間に合ってよかった…

梅田でびんごライナーに乗車される際にはバス乗り場にご注意下さい!

※びんごライナー 梅田バス乗り場 https://goo.gl/maps/mP1uLTvg2iz

汗だくでバスに9:40乗車、その後シルバーウィーク渋滞もあり、予定から1時間遅れとなる5時間後の14:30に尾道市に到着しました。

何はともあれ、楽しい旅行はここからです!ここから挽回するのです…

 

まず尾道ラーメンを食べに行く!

福山市でレンタカーを手配後、まずはじめに尾道ラーメンを食べに行くことにしました。選んだお店は1947年創業の老舗であり、かつ尾道市ラーメン食べログランキング1位の『朱華園』です。しかしここでもさらに一難あり…

※参考:食べログ『朱華園』

「ラーメン渋滞」に見舞われる…

福山から『朱華園』に向かうために通る1本道・狭い2車線道路がありますが、そこがとんでもない渋滞となっていました。うし江と僕はそれを「ラーメン渋滞」と名付けました。

その道は距離にして約1.5km程度なのですが、それでも『朱華園』に到着するまで4~50分を要しました。それもそのはず、すでにお昼時は過ぎているにも関わらず『朱華園』にはとんでもない行列が出来ていたのです。

朱華園行列

『朱華園』付近に到着後も、パーキングを見つけることもままならないので、先にうし江を降ろして列に並んでもらうことにしました。20分くらいでなんとか駐車でき、うし江と合流しました。

待つこと計40分…遂に尾道ラーメンを食す!

『朱華園』では、列に並んでいる人に整理券が配られるシステムのようです。

朱華園整理券

このようなお店に多いのは、全員揃わない限り整理券を受け取れないということですが、うし江一人でもちゃんと僕の分の整理券も受け取ることが出来たようです。ここは一安心。

うし江と合流してからさらに20分ほど待ち、ようやく念願の尾道ラーメンにありつけました。

尾道ラーメン

素朴ながらも、層のある深い味わいとコクのあるスープ。その上プリッとした背油の甘味が病みつきになります。食べログの評価も納得の美味しさでした!

 

千光寺公園展望台から尾道市の景色を一望する!

尾道ラーメンを食べ終わった頃にはもう17時をまわっていたので、尾道市の名所・千光寺公園展望台からの夕景を見に行くことにしました。

尾道市は『猫の町』…しかし実は『犬の町』だったことが判明

千光寺公園展望台への道中は、常にどこかに猫が潜んでいないか注意を払っていたのですが、1匹も見つけることができませんでした。

代わりに犬をたくさん見かけました。10匹くらい…

猫0:犬10…て(笑)

どうやら尾道市は表向きは『猫の町』ですが、実態は『犬の町』だったようです。

尾道 いぬの町

 

千光寺公園展望台からの絶景!夕日に染まる町並みがとても美しい。

千光寺公園展望台から望む夕暮

千光寺公園展望台から望む夕景【2015年9月21日撮影】

日の入りには間に合いませんでしたが、それでも赤々と夕日に染まる尾道の情緒あふれる町並みと、その奥の山々が淡く連なって見える風景は、とても幻想的です。そして町が暗くなっていくにつれてゆっくりと灯りが灯っていく風景を眺めるのは、とてもまったりとした素敵な時間でした。これにはうし江も大満足!

千光寺公園展望台から望む夕暮~尾道水道~

夕日に染まる尾道水道

千光寺公園展望台から望む夕暮~町の灯りがともりはじめ~

町の灯りがともりはじめる尾道の風景

 

帰り道・遂に猫に遭遇!

猫の小道

こんな道があるくらいだから、絶対いるだろうと思っていたら…

尾道の猫

ついに遭遇!

尾道の猫2 尾道の猫3

ねこー!!!

尾道の猫4 尾道の猫5

ぬこー!!!!!

尾道の猫6 尾道の猫7

もう少しで触れそうでしたが、惜しいところで後ろの「猫の小道」に逃げていきました。

ええ、とん平は猫派です!

ちなみにこの後、もう2匹も犬と遭遇しました(笑)

 

1日目・尾道市観光をB型彼女との旅行という観点からまとめる。

EXCELLENT POINT

  • 千光寺公園展望台から望む尾道の夕景。天候にも恵まれとても美しかった。B型彼女は案外ロマンチストです。

GOOD POINT

  • 美味しい尾道ラーメンを食べることができた。
  • 道中猫を探すという気ままなコンテンツ。
  • 猫を探しているのに犬ばかりと遭遇してしまった意外性。

BAD POINT

  • 出発でバス乗り場を間違えるという失態。

 

移動時間が長かったのも心配でしたが、渋滞はもうどうしようもないし、バスの乗車時間なんかは各々の趣味をそれぞれ楽しんだり寝たりしていたので、今回はあまり気になりませんでした。

尾道市はまだまだ見どころが数多くあるようで、うし江ともう一度行こうと決めた素敵な町でした。オススメです!

是非、旅行・観光プランの参考にしてください。

次回はいよいよ、メインイベントだった『しまなみ海道サイクリング』について記事にします。

B型彼女・うし江とのシルバーウィーク旅行【2日目・しまなみ海道サイクリング|前編】に続く

EPIC!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です