まさかとん平、スカイクルーズでうし江に気取ったプロポーズを…!?

まさかとん平、スカイクルーズでうし江に気取ったプロポーズを…!?

前回記事『男子がプロポーズの計画でとても悩むであろう3つのこと。そしてとん平は…』で、

プロポーズのチャンスを3段階つくるという斬新なデートプランを紹介した僕。

今日はその第2弾、

『②夕暮れ時、セスナ機を予約してスカイクルーズ』にて、

まさかとん平、スカイクルーズでうし江に気取ったプロポーズを…!?

です!!

 

第1弾の『ぶどう狩り』では、100日かけるプロポーズも原始的なプロポーズも、するチャンスを逃しましたが、

やはり時は現代なのです。

だからそう、現代人らしく『文明の利器』を活用してプロポーズをするのがよいのではないでしょうか?

 

中でも『セスナ機』『ヘリコプター』の威力はズバ抜けていると聞きます。

「紅の豚」も異様なほどイケてるしね。

僕の知り合い1人と、知り合いの友人1人もこの方法で成功しているとの前情報もありました。

 

ここが僕のプロポーズ大作戦の大本命なのです。

 

GOOD LUCK!!

キムタクさんから『GOOD LUCK!!』

 

理想のプロポーズシチュエーション

とある記事では、「“海辺”&“夕日”が最強と判明」と紹介されています。

※参考:憧れの花嫁! 理想のプロポーズシチュエーションを徹底調査

海辺ではありませんでしたが…

“海辺”&“夕日”

 

え!?
これ、もう最強じゃない??

 

理想のプロポーズ・シチュエーションを手に入れました。

 

 

 

さぁ、後は伝えるだけだ!しかし…

 

 

ふとそこで、万が一彼女の返答が「NO」だった時のことを考える。

 

そうなってしまったら、こんな空の上で僕はどうしたらいいのだろうか?

 

「NO」と告げる時彼女が泣き出しでもしたら、どうしたらいいのだろうか??

 

いや、僕らのことはまだいい。

 

そんな空気の中でも、そこに居ざるを得ないパイロットの方はどういう気持ちになるだろうか。

 

あまりの悲壮感に、身体が震えて操縦を誤ってしまうかもしれない。

 

僕らを無事、地上に帰すという職務があるのに、

 

僕らはもう、無事ではなくなってしまっている。

 

そう考えると、僕らのこと以上にパイロットの方のことの方が心配だ。

 

が一「NO」だったなら、いっそのことそのままスカイダイビングしてその場から離れることができれば、全員にとって逆にいい思い出になるのになぁ…

 

「プロポーズした後はスカイダイビング」!!

 

プロポーズに失敗したらスカイダイビング!

 

スカイクルーズには、そんなオプションサービスがあってもいいかもしれない。失敗したら飛んで「無かったこと」に出来るかもしれないし、成功したらしたで、あまりの嬉しさから「I can fly!」な気持ちになるはずだ。

 

これは流行るぞ!!

 

……

 

そんなことを考えていたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

セスナ機 着陸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロポーズする前に着陸しました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…着陸した後、セスナ機と記念撮影しました。

 

僕らが乗ったセスナ機が、僕らに「オメデトウ」を言えなかったからか、夕日を背負ってどこか物悲しそうにこちらを見つめていました…

 

スカイクルーズ

「ザンネンダッタヨ…」

 

 

次のプロポーズ・チャンスは…

ラスト・チャンス!…なのか?

③夜は有名レストランで豪華ディナー

です!

果たしてとん平は本当にちゃんと言えたのか!?

まさかとん平、王道ど真ん中のレストランでうし江にプロポーズを…!?

2015.11.03

 

それと、うし江ととん平の大阪スカイクルーズ・デートの詳細を知りたい方はコチラ!

【デートのスゝメ】大阪府八尾市・八尾空港からスカイクルーズを楽しむ!

2015.11.01

 

また次回。

EPIC!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です