奈良天川村と言えばごろごろ水!他にも色々、神秘を感じれる場所

これまで、みたび(三度)、天川村へ旅行に行ってきた僕ら。

前回記事では天川村の四季折々の楽しみ方と、それらに対して僕らが行く時期をしくじってしまったお話しを教訓としてご紹介しました。

今回は、僕らが実際に行ってみたスポットについて、天川村の洞川地区を中心にその魅力をご紹介します。全国屈指の御神水ごろごろ水をはじめとする、数々の神秘をご体感あれ。

※前回記事はコチラ

 

天川村の魅力いろいろ

屈指の名水・ごろごろ水採水

gorogoro
gorogoro2

僕らが天川村に行く理由の50%くらいが、実はこのごろごろ水採水のためです。

ごろごろ水は万病に効く「神の水」と言われているそう。飲むと代謝がよくなるのか、トイレがかなり近くなります。いつも以上に我慢できなくなるので、飲みすぎにはご注意を。しかし、飲みすぎてしまうくらい美味しいのです。

写真の「ごろごろ茶屋」がある駐車場で、駐車スペース1台毎に採り放題の蛇口が1つ備え付けられています。これはありがたい!利用料金は¥500です。

ごろごろ水取り放題

僕らは18リットルのポリタンク2つ準備していきましたが、周囲の人らと比べればこれはセレブばりの贅沢さです。ほかの人たちはもっともっと大量の容器を準備して、貪欲に採水されています。見習わねば!!!

余談ですが、採水量はセレブ気取りでも、マインドは全くセレブではないので、僕はいつもその場でがぶ飲みしたり顔洗ったりします。今回も同じようにがぶ飲みしながら激しく顔を洗って水びたしになっていたら、大学生風の女子二人組に失笑されました(恥)

 

天川村の名水にはごろごろ水のほかにも「泉の森」「神泉洞」があり、3つ合わせて洞川湧水群と称されています。残りの2つも興味深く、いずれ味わいたいです。

 

鍾乳洞探索!

鍾乳洞
鍾乳洞2

気分は地底探索!「夢の宮殿」と言われていて、中はとっても涼しいです!夏に行っても寒いくらい!!

面不動鍾乳洞と五代松鍾乳洞の2つがあって、僕らが行ったことがあるのはまだ面不動鍾乳洞のみ。写真もそこで撮影したものです。

どちらの鍾乳洞もモノレールに乗って現地まで行きますが、それも魅力のひとつでしょうか。面不動鍾乳洞のモノレールは割としっかりしているのですが、五代松鍾乳洞のほうは…

トロッコ

モノレールというよりトロッコ(笑)
これに乗って「夢の宮殿」へ。色んな意味でスリリングでしょう。

ごろごろ水採水場の向かいに乗り場があるので、いつも目にするこの風景に、今やかなりの愛着がわいています。

 

龍泉寺と「なで石」

龍泉寺なで石

part1で蛍の鑑賞スポットであることをご紹介しましたが、昼間はその庭の景観を眺めて楽しみます。

また、龍泉寺には世にも不思議な「なで石」と言われる石があります。こちらは「かわいいね、かわいいね」と言いながらナデナデすると簡単に持ち上がるのですが、「この…バカヤロウッ!」とか悪口言いながら叩いてみると、重たくなって持ち上げられないという神秘の石です!是非行かれた際にはお試し下さい。

更に龍泉寺には滝行ができる場所もありますので、こちらもやってみてはいかがでしょうか?僕も次行くときにはやるつもりですよ。

龍泉寺 滝行

 

山を散策、天川村を一望!

天川村を一望

どこだったか忘れてしまいましたが、天川村の洞川地区を一望できるスポットがありました。是非探してみて下さい。『洞川帖』という本の表現を使わせて頂きますが、「洞川という場所は自分を、現代という時代を改めて見つめなおせる場所」ということが、何となく実感できます。そして紅葉の時期であれば、山が色づいてとても綺麗でしょうね。

そして僕らは山散策も楽しみました。吊り橋もあります。

山散策
吊り橋

 

 

 

…今回ご紹介するのはここまでです。

主に洞川という地域で僕らが目にしたもの・体験したことについてお話し致しました。

これは僕だけがそう思うのかもしれませんが、天川村の洞川という地域は、日本人が無意識に持つ心の原風景のひとつがそのまま描写されたような、そんな場所なんです。だから何度も行きたくなるのかもしれない。

※原風景の意味はコチラ:ウィキペディア

また、僕らは何も知らないストレンジャーとして天川村を楽しんでいますが、村の歴史や今も地域に根付いている信仰などに目を向けて訪問すれば、更なる発見や楽しみがあると思います。

 

洞川という地域の魅力については、『洞川帖』という書籍にコンパクトかつ小じゃれた感じでまとめてあります。現地で¥500で購入できますから、是非とも記念に入手されることをオススメします。

洞川帖

 

さて、次回のpart3がほんとの最後です。

天川村で洞川地区のほかに僕らが行ったところ・目にしたもの、そして今後の訪問で楽しみにしているところ、更に大阪⇔天川村の道中でのお楽しみスポット紹介ですね。

是非ともそこまでお付き合い下さい。

EPIC!

※続きはコチラ

SPONSERED LINK










 

CAMBODIA GALLERY

そしてはじまる
Hammock in TOKYO!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です