【東京移住の経緯】その本社転勤は、たぶん栄転だったのでしょう(笑)

東京移住の経緯 その2

~前回のあらすじ~

会社辞めようと思っていた今年の4月に、本社の上司から呼びだされた。

 

こんにちは、ちゃんぺいです。

今回は(笑)を多用します(笑)

まず、僕の【東京移住の経緯】を端的にあらわすと以下の見出しの通りです。

本社転勤~からの、転職による東京移住

転職先の社員さんたちからは「気でも違ったのか」とよく言われています(笑)

ハタから見れば確かにその本社転勤は、たぶん栄転だったのでしょう(笑)

 

 

呼びだされて語られた内容

スカイプでつながった会議室には社長とよく知らない偉い人がいた。

そして主に、社長直々にお話しが。

社長「本社で新しい部署を立ち上げたい。そこで、ちゃん平が本社に来て部長として立ち上げを担当してくれないか?」

概略はこんな感じ。

その場全体の話合いから、もう少し詳細を記述すると・・・

  • 新しい部署の立ち上げは会社にとって急務
  • 部長としてプロジェクトを牽引して欲しい
  • その部署の業務は2年後くらいには大阪オフィスに移管する見通し(つまり大阪に戻れる)
  • 営業部はもちろんその他の部署に対しても影響力大きい
  • マーケティングや商品開発に携わることもできる
  • 転居に伴う費用や東京での家賃はもちろん会社から支給する
  • ちゃん平が納得できる給与待遇をできる限り準備する

 

…という内容。

こうして見ると確かに栄転。かっこ笑いの余地は無い。

そして僕の嫁さんへの負担をかなり配慮して頂いている。

なにより、今の会社組織の有り方は変えるべき と、いつも社長や会社に訴え続けてきた僕だから悪い話じゃなかった。

 

僕からは、後任となる後輩が業務過多・モチベーション減とならないよう彼に対する手厚いケア(特に給与面)を要求した。

社長「Yes!」

 

これで正しい栄転が完成・・・

 

 

するはずだったのに、結果的に栄転(笑)になっちゃうんだよなぁ(笑)

 

~6月~「4月に話してたこと、誰か覚えてますか?笑」

本社の人間たちは全員集団記憶喪失にでもなったのかと思うくらい僕の昇格や待遇・要求の話はおざなりになって、東京に転勤するという話だけが進められていた(笑)

 

僕より役職が下になるはずの(なんなら部下になるのかもしれない/だいたい年上な)人たちからは、

「東京には活躍のチャンスがいっぱいあるからさ!ちゃんぺいならできるからがんばれよ!」

とか、 (大阪でだいぶ活躍したんだけど…)

「今、営業は引継ぎの仕事だけでしょ?さっそく○○担当としてあれやっといて」

とか、、 (お前俺が本社で何の仕事するのか知らんやろ…)

 

東京に行く前から、すっかり本社ではイキのいい新しい下っ端として迎えられていた(笑)

 

まるで、本社に新しい部署などは立ち上がらないかのようだった・・・

※事実新しい部署など立ち上がらなかった(笑)

 

 

 

これが『東京移住の経緯 その2 その本社転勤は、たぶん栄転だったのでしょう(笑)』の内容である(笑)

 

 

・・・そしてここから、内容は 栄転(笑) から 栄転(怒) へ・・・・

この当時のことを話し出すとキリがないくらい怒りがたまっていたのだけど、ブログでは文が長くなりすぎるからがんばってそれを集約してお伝えすると、とりわけ次の2つのことが許せなかった。

つづく

SPONSERED LINK










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です