令和元年11月の買い物(9/18)~趣味用品のメンテナンス関連で、革靴の傷埋め用アドベース・保革クリーム・レンズクリーナーの3品

令和元年、11月の買い物レポ。
18品中6品までを、以下の通り記録済み↓↓

令和元年11月の買い物(6/18) ~主にb-monsterでのトレーニング関連でPolar用ベルト、プロテインなど4品をお買い求め

2020.02.28

令和元年11月の買い物(2/18) ~グレコの抱っこ紐、ユニクロのスウェットシャツ~

2020.02.23

そして今回は、趣味用品のメンテナンス関連で3品を記録しておきたい。

革とその手入れ

今履いてるRegal

最後の平成の半ばくらいから、良い革靴に強烈な興味を示すようになった。しかし、それまでがあまりにビジネスシューズに無頓着だったもので、いきなり良い革靴を手にして大切にできる自信が無かった。

だから、良い革靴を手にするまでに自分にとって必要なプロセスとして、まずは自分に「革靴をちゃんと手入れしながら履く」という習慣付けの訓練からスタートした。

その結果については以前投稿したが、

1万円以下で購入した安い革靴を手入れしながら1年間履いてみた感想…

2019.09.14

狙い通り、その翌年には靴磨きのスキルと習慣が充分身に付いた。そしてこれは今後、良い革靴を履けば履くほど自分のライフワークになっていくであろう確信となった。

コロンブス アドカラー&アドベースセット(クロス付)

そんなわけで、革靴の手入れ用品として「アドベース」なるものを購入。

普通に靴磨きをするだけじゃ、あまり耳にしない製品では無かろうか?この製品の用途について詳細に書かれている記事は、あまり多くはないような気がする。

これは革靴の表面についた深い傷を埋めるために使うものだ。

機会があれば使ってる様子などをまた詳しく書きたいものだが、今回は端折る。以下は練習で古い革靴に「アドベース」を利用している写真――

(このあと、たぶん失敗となりました笑)

サフィールノワール クレム1925

もちろんこれで靴が磨けるけど、

今回はyuhakuの革財布を磨くことを目的に購入した。

靴磨きが習慣化すると、他の革製品もメンテナンスしたくなるものだ。特に良いものは、ちゃんと長く使えるようにしておきたい。

超美麗グラデーション! 妻にyuhaku(ユハク)の財布をプレゼント

2019.09.30

妻へプレゼントした物と、そう遠くない将来に自分もyuhakuで財布を買うつもりだったので。

そして2020年2月、実際に自分も購入して、クレム1925でメンテナンスしてみた。その様子については、以下の投稿で紹介している↓

yuhaku_YEV122

yuhaku(ユハク) 薄型二つ折り財布「YEV122」の使用感レビュー(外観や容量、コインポケットなどについて)

2020.02.17

一眼カメラ

念願の一眼カメラ購入~オリンパスのOM-D E-M5 Mark II を選んだ理由

2019.09.21

たびたび関連記事を投稿している一眼カメラ。こちらも平成最後にエントリーした趣味だ。

平成最後の年から令和元年にかけて(つまり2019年)は比較的穏やかな日々でありながらも、一方で自己のアイデンティティの形成はかつてないほど進んだような実感がある。堅実で現実味のある様々な経験が、石橋を造るみたいに淡々と着実に自分の中で重なっていった。いつの間にか自分のターニングポイントの年に… とか、そういうこともあるのかもしれない。

そして令和元年11月の買い物は、そんな自分の集大成として象徴的だった。

ハクバ KMC-71 レンズクリーナーキット 30

靴磨きと同様、一眼カメラのレンズもちゃんと磨いている。

—– ✂—–

どうでもいいじゃすまさない
大事なものを大切にできる

そんな男に俺はなりたいと思っている。
(上のフレーズはB’z↓のパクリです)

銀の翼で翔べ
B’z
ロック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。