いい写真が撮りたいけどカメラのことが全く分からないのでまずはDMMで借りてみた話

旅行に行ったブログ書くくらいなので、写真を撮るのはかなり好き。もう3年以上使用している愛機・P9(世間をお騒がせしている中国HUAWEI製スマホ)をフル活用している

P9はカメラが売りのスマホで、実際撮れる写真には概ね満足している。しかし「ここぞ!」という時に、思うような写真が撮れないこともしばしば。具体的には、結婚式・風景・生き物・夜景がイマイチだと思っていた
※しかしこのいくつかの問題は、タイトルにもある通り実際にミラーレス一眼カメラを使う機会を得たことでISO感度・シャッタースピード・オートフォーカスの仕組みを知り、P9カメラのPROモードでそれを応用することで解決することができた!これによりP9(話題のHUAWEI笑)が、ますます好きになってしまったw

HUAWEI P9 SIMフリースマートフォン (グレー)(Amazonへ)

 

そして、主に大学時代~社会人初期に使っていたデジカメの写真を見返すと、全体的にはスマホ撮影の写真と大差ないものの、「ここぞ!」と言う時に良い働きをしてスマホ以上の写真が撮れていることに気づく。今や持ち歩くのも面倒だと思っていたが、やっぱり餅は餅屋でそれ相応のメリットがあるということなのだ

 

そして3月に入り沖縄旅行も控える中

「新しいカメラが欲しい…!」

強く強く、そう思うようになっていた。



—– ✂ —–

「デジカメよりいいカメラと言えば、一眼レフかな…」と大学時代のノリで考えていたが、現代にはデジカメ以上一眼レフ未満的な「ミラーレス一眼カメラ」なるものがいつの間にか登場していたのだ。

一眼レフ未満と言っても、技術の進歩により撮れる写真のクオリティにはほとんど差がなくなっているという話で、それでいて一眼レフよりも小さくて軽くて安い。5万円以内で買えるものもあるとのこと。俺が欲しいのはそれだ・・・!!

 

と思ったのだが、安易に初心者向けの安いカメラを買ったものの満足できず「やっぱスマホの写真でいいや!」となってしまいそうなのが怖い。かと言って多少お金をかけようにも、俺はカメラのことなんて全く知らないためスペックやクオリティを正しく評価する術がなく、「カメラと言えば○○でしょ!」みたいなミーハー心すら無い。俺にとってカメラは非常に難しい買い物のようで、とても購入に踏み切れるような状態ではなかった。来る日も来る日も「カメラ おすすめ」をGoogle検索して情報を集めては、イマイチぴんと来なくて確たる後押しを得ることができない…

そんな迷える俺に、ある日DMM.com いろいろレンタル」の広告が飛び込んできたのだ。PC画面を通して広告が俺に語り掛けてきた。「わからないなら、1回借りてみたらいいじゃない!」・・・俺がまんまとインターネット広告の戦略にハマった瞬間だった。

ecоな時代は買わずにレンタル!(DMM.com いろいろレンタルへ)

 

いい写真を撮りたいけど、本格的なカメラの使い方やその魅力をはっきりと分かっていない俺にはうってつけのサービスだった。「DMM.com いろいろレンタル」でレンタル可能な一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラのラインナップはそれなりに多い

※2019年3月時点

 

俺と同じようにレンタルで本格カメラを使ってみたいと思う人は多いようで、沖縄旅行の予定を入れていた3月の休日にはどのカメラも結構予約が入っていた。そんな中で3月いっぱいがっつり空いていたCanonミラーレス一眼カメラを選択。それがEOS M10だった

 

調べてみるとエントリークラス(初心者向け)のミラーレス一眼カメラで、更に型落ち品らしかった。これもまた、うってつけではないか

これで満足できるなら、別にわざわざ高いカメラを買う必要はないのだ。逆に満足いかなければ、何をどうなればそれが解消できるのか課題が明確になるはず

…というワケで、「DMM.com いろいろレンタル」で予約を完了した次の瞬間からめっちゃウキウキしだして、カメラが家に届くその日がめちゃくちゃ待ち遠しかった。



—– ✂ —–

沖縄出発の前日、レンタル品到着!

到着日も1日とカウントされるので、無駄が無いように配慮されているのか佐川急便の人が朝の8時20分という異例の早さで配達しに来たが、朝早すぎて逆に迷惑だった(笑)

…その夜、遂にミラーレス一眼カメラCanon / EOS M10】とご対面!!


※当然これは愛機・P9(スマホ)で撮影

確かにエントリークラスと称されているだけあって、操作が直感的に分かりやすそうな外観。この日は帰りが遅くて付属されていた分厚い説明書を読む時間がなかったので、取り急ぎ基本的なオートモードでの写真撮影の仕方だけを確認。なんせこれまで一眼カメラなんて一度も使ったことなかったから、レンズをつけたりまわしたりする基本の「キ」ですらない操作さえ知らないのである。とても新鮮で胸が高揚した。詳しい使い方は飛行機の中でゆっくり説明書を確認することにしよう


—– ✂ —–

そして次の日、羽田空港へ向かう道中

単純に【撮りたい風景の前でカメラを構えてシャッターを押す】という操作だけで、試しに何枚か写真を撮影してみた

 

空のブルーとミモザのイエローがとても美しく撮れているような気がする。この日東京は快晴で、絶好のカメラ日和だったに違いない

 

モクレン。これも綺麗に撮れた気がするが、カメラ日和すぎてスマホでもいい写真が撮れそうな気がするので、この時点では比較が難しいが…

 

これは何となく、いいカメラならではの写真が撮れたような気がする。人の自然な動きを切り抜くことができて、かつ梅の花のピンク色とJRの緑色が綺麗に目立っている… ような気がする。

全部「…ような気がする」しか言えなくて恐縮ですが(笑) 俺的にはよい感触を得ているのだ(その感覚がいちばん大事なはずw)


—– ✂ —–

最後に沖縄に到着してすぐに撮影した、沖縄らしい風景写真を

ざわわ… ざわわ…

やるじゃないか、ミラーレス一眼カメラ【Canon / EOS M10】。この時点では、確かにスマホよりもいい写真が撮れているような手応えがあった

 

そして次回、ミラーレス一眼カメラ【Canon / EOS M10】の本格的なマニュアル操作にトライして悪戦苦闘する2泊3日の沖縄旅行へと続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。