防塵防滴のカメラで良かった… 妙法寺で雨の日の紫陽花を撮影(東京・高円寺)

なんかいつもダイナミックレンジに振り回されている投稿ばっかりしているので、オリンパスOM-D E-M5 MarkⅡの美点を語る投稿もしたいと思った。

デザインがかっこよくてコンパクトで軽い、ミドルクラスの一眼カメラ――

そもそもはそういうのが気に入って購入したOM-D E-M5 MarkⅡだが、このカメラの売りである「防塵・防滴機構」も魅力的だった。少々の雨なら気にせず使えると評判。それにキットレンズの「14―150mm Ⅱ」も防塵防滴である。

そこで「このカメラとレンズなら隙はない」と、雨の日の紫陽花を撮りに行った。場所は高円寺の妙法寺。墓地内ではあるものの、相当な紫陽花のボリューム。そして雨の日だからなのか、他に見に来ている人が居なくてラッキー。俺はむしろ雨の日だからこそ紫陽花を撮りたかった!

ちなみに雨の日の紫陽花を撮る楽しさは、昨年妻との鎌倉ハイキング(過酷)で覚えました。

【鎌倉】雨の日こそアジサイが美しい… ただしハイキングは危険!

2018.06.23

その経験からか、この日の写真は妻からビシバシと酷評を受けることに…泣

2019年6月15日 妙法寺@高円寺

かなり立派なお寺だった!

日蓮宗 本山 やくよけ祖師 堀之内妙法寺

2019.6.7 紫陽花と花菖蒲が見頃になりました

妙法寺HP お知らせ より

右隅の背景にちょこっと、菖蒲が写っている。先週の見頃を過ぎたためか、菖蒲は枯れてしまった花もちらほら… 残念ながらこの日はあまり綺麗に撮れなかった。

妙法寺の全体的な雰囲気が伝わればと思って撮影。しかし「看板が邪魔だ」と妻からは低評価(笑)

これも花からお墓の札が飛び出していたり、通路の奥に脚立が写っていて残念、と妻から指摘を受ける。確かに… 今ならもう少し考えて撮れるはず…… それか、余計なモノを隠すように傘持って長靴履いた子供がいると良いなあ。

望遠側を使い、額紫陽花を引き寄せて撮影。

明るいのと暗いの、どっちが良いか迷って結論出なかったんで両方載せる。雨の雰囲気が強いのは暗い方? しかしこれも、妻的には明暗以前に構図が今ひとつとのこと。厳しい(笑)

最後に、お寺感を意識して燈籠と紫陽花をからめてみた写真。…果たして妻の評価は?

P6150007 P6150013

これらの写真は妻も気に入ってくれた! 決め手は燈籠!?笑

妙法寺 アクセス

堀之内妙法寺~交通のご案内

どの駅からも結構歩くので、バス使うのがオススメ!

悪天候をチャンスに変えるのは…

以上、雨の日でも防塵防滴カメラ・ OM-D E-M5 MarkⅡ のおかげで、たっぷり写真が撮れたよという話でした。この日は俺もカメラもびしょ濡れに! しかしカメラは今現在(2019年10月時点)も問題なく稼働している。
防塵・防滴性能 E-M5 Mark II | オリンパス

更に補足すると、傘さしながら片手でシャッターを切ることが多かったので、世界最高性能と謳われるOM-Dの手振れ補正もこの日は大活躍だったに違いない!
5軸手ぶれ補正 E-M5 Mark II | オリンパス

—– ✂—–

悪天候をチャンスに変えるカメラ・OM-D E-M5 MarkⅡを所有している喜びを、更に深く感じることができた1日。…しかし本当の意味でチャンスを掴めるかどうかは、

自分の腕前次第だと言うことを妻に叩きこまれた1日でもありました。

雨だれぶるーず
B’z
ロック

関連記事

【鎌倉】雨の日こそアジサイが美しい… ただしハイキングは危険!

2018.06.23

夕焼け・夕景の撮影にハイライト&シャドウコントロールを使う(マイクロフォーサーズ)

2019.10.15

念願の一眼カメラ購入~オリンパスのOM-D E-M5 Mark II を選んだ理由

2019.09.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。