9番・10番・11番 兜曳山三台

4番曳山「源義経の兜」と合わせて、兜曳山は全四台。

9番・10番・11番と兜曳山が続くので、まとめて投稿しよう

唐津くんち 武田信玄の兜
9番曳山「武田信玄の兜」

詳しい各町・曳山の説明/唐津市|9番曳山「武田信玄の兜」

唐津くんち 上杉謙信の兜
10番曳山「上杉謙信の兜」

詳しい各町・曳山の説明/唐津市|10番曳山「上杉謙信の兜」

唐津くんち 武田・上杉

俺も大河で2回(「武田信玄」と「風林火山」)見たほど、武田信玄と上杉謙信の戦いって面白いよね。江戸時代の唐津の人たちにも川中島の戦いの伝記が人気高かったことがうかがえます。激しく共感

ただ、「上杉謙信の兜」は俺の子供の頃の記憶とは色が変わっているようで、あずき色だった獅子頭が今は金色に塗り替えられいる

唐津くんち 上杉謙信の兜

8番曳山・金獅子以上に金色がまばゆいw

…俺は昔の方が好きだったなー


一方で、11番曳山「酒呑童子と源頼光の兜(しゅてんどうじとみなもとらいこうのかぶと)」は未だにその出自がよくわかりません。我々市民は「らいこう」と呼んで親しんで… いやいや、恐れおののいております

唐津くんち 酒呑童子と源頼光の兜
11番曳山「酒呑童子と源頼光の兜」

何と言ってもこの顔の怖さが、らいこうの唯一無二の特徴。子供から一番愛されているとされるゆるキャラみたいな顔つきの4番曳山「鯛」とは対極にあるような存在で、巡行を見て泣く子も多数

唐津くんち 酒呑童子と源頼光の兜

だって、めちゃくちゃ目ぇ血走ってるんだもん・・・なんか歯もグロいし。HPで詳しい説明を読んだら、酒呑童子の首が頼光の兜に嚙みついてるというデザインらしい。なにそれやっぱり怖い。。

詳しい各町・曳山の説明/唐津市|11番曳山「酒呑童子と源頼光の兜」

しかしこのらいこう独特の雰囲気が、宵山(11月2日夜の巡行)の時こそすごく良い。提灯に照らされた幽玄な佇まいは、どの曳山よりも印象深く記憶に残る。

go-to-top