アジサイハイキング後、鎌倉で嬉しい偶然の連続!鶴岡八幡宮でまさかの○○○が見頃!

◆前回のあらすじ

一日中降りしきる雨の中、命がけで鎌倉ハイキングを敢行し、美しいアジサイをいっぱい鑑賞した。

【鎌倉】雨の日こそアジサイが美しい… ただしハイキングは危険!

2018.06.23

 

その後、食事のために北鎌倉から鎌倉駅へ電車で移動。

鎌倉っぽい食事だけして帰るつもりだったけど…

(チョイスした鎌倉っぽい食事↓)

オクシモロン onari 食べログへのリンク
☞俺『鎌倉のシャレた雰囲気とセットで楽しむ旨カレー』
☆評価 3.5
※食べログの評価基準を参考にした俺たち夫婦の個人的評価です。3.5以上からリピートしたいお店!!
→点数の指標はコチラのページにて
俺のレビュー本文を見る
鎌倉にアジサイを見に行った日の夕方の食事

↓↓↓
【鎌倉】雨の日こそアジサイが美しい… ただしハイキングは危険!

…雨の日のハイキングは基本やってはいけないといういことを学びました(ーー゛)

身体も冷えたことやし、カレーでも食べて温まろうかと。

行き着いたのがこちらのお店。

外観がオシャレ! さすが鎌倉!!

カレーは「和風キーマカリー」と「エスニックそぼろカレー」の2種類☆
「エスニックそぼろカレー」はパクチー(←苦手)が入ってそうだったので、2人とも「和風キーマカリー」をチョイス。

ただ、注文の時に店員さんが「苦手な食材はありませんか?」と聞いてくれたので、パクチー抜きで注文するのも可能かも。こういう気遣いは有難い。

それと「和風キーマカリー」についての説明書きで、

“スパイス控えめのマイルドな味わい”

と書いてあったので、ここはあえて【辛口】を選択。この日は2人ともそういう気分だった。

さて、実食。

肉と根菜類の甘い旨味が独特な味わいで美味しい。
そこにネギと胡麻の旨味が加わってくれる。
(ちょっと胡麻の主張が強い気もするが)

たしかにマイルドで、【辛口】にして正解だった!
卵を絡めるとよりいっそうまろやか~~

これに、洒落た味がするピクルスにお口直しのクルミのお菓子がついてきて1,200円
観光地でオシャレなお店やし、まあ妥当なお値段だと思った。

鎌倉観光の記念に立ち寄るお店としてオススメできそう(^^♪

※ちなみにここクルミのお菓子を食べて、うし江さんがクルミッ子という素晴らしいお菓子を販売している鎌倉紅谷のことを思いだした笑 この後そちらにも行ってきました。

↑クリックするとアコーディオン方式で隠れている本文が表示されます

 

 

しかし、やっぱり現地で色々見つけてプラプラしてしまう俺たち

結果的には夜の20時過ぎまで鎌倉にとどまった。

ここで、B’zの『トラベリンマンのテーマ』という歌が、まさしく俺らの旅の信条にぴったりなのでご紹介しよう。

トラベリンメンのテーマ
B’z
ロック

行ったり来たりの珍道中ライフ
いつまで続くの この感じ
そうはいってもきらいじゃないよ
ホットな出会いを知ってるかい?
われら あくなきトラベリンメン

 

そう。旅先でプラプラしていると、ホットな出会いに行きつくわけなんだよ! しかも単発じゃなくて連発で!!

 

要約すると、

カレーのお口直しで出てきたクルミのお菓子のおかげで妻・うし江さんが大好きな「クルミッ子」という鎌倉の銘菓のことを思いだし、検索してみたら徒歩10分くらいのところにそのお店があったので行ってみて、するとちょうどその隣にうし江さんが大好きな有田焼陶器のお店があったのでなんとなく入ってみて、そこで親切に話しかけてくれたお店の方に「今晩は鶴岡八幡宮でホタルが見頃ですよ」と耳寄りの情報を頂いたのである。なんと、昨日放流されたばかりとのこと!!

 

…なんて嬉しい偶然の連続!

これがトラベリンメン冥利に尽きる展開である。



鎌倉紅谷 雪ノ下店

元々旅のプランになかった、嬉しい偶然その1!! うし江さん、よくぞ思いだした… 今後は鎌倉に来るたびに立ち寄りたいところ。

 

クルミッ子 めっちゃ美味しい

うし江さんが大好物とのことだが、実は俺はこの日はじめて頂いた。

めっちゃ美味しい!!

感動の度合いとしては、「ハラダのラスク」をはじめて食べた時並み(最上級) 東京の「ごまたまご」や博多の「通りもん」よりも好きかも

あんまり美味しかったので、父の日のプレゼントに決定。美味しいコーヒーにめっちゃ合うと思う(父はコーヒー入れるのが上手)

鎌倉紅谷 雪ノ下店 食べログへリンク
☞うし江さん『クルミッ子、大好きすぎる!』
☆評価 4.0
※食べログの評価基準を参考にした俺たち夫婦の個人的評価です。4.0以上はめっちゃ好きで人に是非オススメしたいお店!!
→点数の指標はコチラのページにて
うし江さんのレビュー本文を見る

突然ですがご当地銘菓と言えば何がお好きですか?

北海道のバターサンド、岩手のかもめの玉子、千葉のぴーなっつ最中、福岡の通りもん、、、 

色々ありますが神奈川鎌倉のクルミッ子も大好きな銘菓の一つであります。

自家製キャラメルにクルミをぎっしり詰め込んで、バターの生地で挟み込む。三つの素材が組み合わさって、贅沢なおいしさに仕上がりました。鎌倉紅谷の定番にして超のつく人気商品、それが“クルミッ子”です。たしかな甘さを感じながら、くどくない仕立て。絶妙なキャラメルとクルミの配合に加え、しっかりとした生地が全体のバランスを整えます。夏場は冷やすと、季節ならではの味覚を体験できます。(鎌倉紅谷HPより)

説明にもあるようにクルミ、生地、キャラメルのバランスがいい!
甘くほろ苦いキャラメルと香り高い生地がクルミの美味しさをひきたてます。
クルミが好きな方には是非味わってほしい!
パッケージのリスも可愛いです(* >ω<)

こちらは唯一クルミッ子の切り落としを販売しているお店だそう。
私たちは閉店前に行ったので既に売り切れでしたが、運が良ければお得にゲットできるようです!
ちなみにクルミッ子単体の商品も売り切れでした。夕方には詰め合わせしか残っていなかったので、クルミッ子だけを買いたい人は早めに店舗へ!

セットになっていた鎌倉だよりも歯ごたえのあるクッキーで美味しかったです。
大銀杏の形や色も綺麗でお土産にも喜ばれそう。

 

 

スイートママ

店に並べられた陶器にふと目を惹かれて、うし江さんが店に飛び込んだ。それが「スイートママ」という店だった。

 

主に有田焼と美濃焼の逸品ぞろい

俺も陶器は結構好き。特にコーヒーを飲む時に使うと、気分が上がる。

店の買い付けのセンスが俺たちに合っていて、欲しいものがいっぱいあった。

これ自体がすでにホットな出会い・嬉しい偶然その2なのだが…

 

 

ここで更に、たて続けの嬉しい偶然その3である!

うし江さんが陶器に夢中になっている間、親切に話かけてくれたお店の方と旅行の話や身の上話をひとしきり楽しんだのち、教えて頂いた耳寄りな情報。

 

「今晩は鶴岡八幡宮でホタルが見頃ですよ」
「昨日放流されたばかりだから、お客さんラッキーですね」

 

・・・

ええ!? マジで?

大阪時代、天川村に行ってまで見たかったのにタイミングが合わず見れなかったホタルの光景が、偶然訪れた鎌倉の市街地でちょうど見頃をむかえているなんて!!

なんて嬉しい思いがけない偶然である。

まさか鎌倉でホタルが見れるなんて、1ミリたりとも思っていなかった。

 

…例え雨に濡れていて、1日中(2万歩)歩いた後でクタクタになっていて、ちょうど家路につこうとしていた時だったとしても、こんな絶好の機会に出くわした俺とうし江さんの選択は、どちらともなく平然と「YES」である。

俺たちは鎌倉にとどまることにした。

 

 

鎌倉野菜と釜揚げしらすで一服

ホタルの鑑賞がはじまる19時まで後1時間程度あったので、それまで軽く食事しながら時間をつぶすことにした。

市街地をぐるぐる回って、見つけたのが「鎌倉おばんざいBar ハピカネ」

 

一杯引っかけるのにぴったりなおばんざいメニューでかつ鎌倉っぽいモノが食べれそうだったのと、更に安く上がりそうだったのが決め手。その狙い通り、色々とちょうどいい感じの時間を過ごすことができた。

「鎌倉野菜のグリーンサラダ」と、

 

「釜揚げしらす」 で、
更に鎌倉観光気分を演出である。

鎌倉おばんざいBar ハピカネ 食べログへリンク
☞俺『素材を活かした「リーズナブルなおばんざい」』
☆評価 3.4 ※食べログの評価基準を参考にした俺たち夫婦の個人的評価です。
→点数の指標はコチラのページにて
俺のレビュー本文を見る

夕飯も食べたし鎌倉市街地をプラプラして、暗くならないうちに帰るつもりだったのだが…

偶然立ち寄った「スイートママ」という陶磁器のお店で、「今晩は鶴岡八幡宮でホタルが見頃ですよ」と耳寄りな情報を頂いた!なんとちょうど前日にホタルを放流したばかりだとのこと!!それはもう行くしかないよね☆

というわけで、暗くなるまでの間にもう1食追加(笑)

色々回ってみた結果、「リーズナブルなおばんざい」の看板に惹かれてコチラのお店へ。鎌倉らしい食事ができそうなのもよかった!お酒は2人とも生ビール一杯ずつで、頂いた食事は以下の通り。

・鎌倉野菜のグリーンサラダ
→水水しくて野菜そのものが旨い!さっぱりしたドレッシングとめっちゃ合う!!表面がゼラチンみたいな膜でコーティングされている謎の野菜が印象深かった。なんていう野菜か聞いておけばよかった(ー_ー)!!

・釜揚げしらす
→ふんわり仕上がった食感が魅力的。しらすの旨味もちょうどいい。俺は生しらすよりこっちの方が好きかも!

・すりごま正油のクリームチーズ
→こちらは逸品!胡麻・正油・チーズとそれぞれの強い味わいがちゃんと立っているのに、しっかりまとまっている。ありそうでなかった強い味わいが、お酒にめっちゃ合う!!!

美味しいものを、ちゃんと美味しく食べさせてもらった感じ☆
がっつりと調理されたおばんざいメニューを今回食べなかったのがちょっと心残りである(そんなにお腹は空いていなかったので…)

ドリンクのメニューも豊富で、特に日本酒飲む人はかなり楽しめそうなお店(^^♪

 

鶴岡八幡宮

鎌倉市街地メインストリートの中央ド真ん中に敷かれた長いプロムナードを歩いていくと、鶴岡八幡宮にたどり着く。

↓夜Ver  トップ画は夕方撮影したプロムナード

 

このプロムナード、実は参道である。

これが入口で、ここから境内まで歩いて10~15分くらい。

境内も広く、かなり立派な神社! 鎌倉に来たら、ここも是非とも立ち寄りたいスポットだ。

鶴岡八幡宮 | TSURUGAOKAHACHIMANGU

 

境内でホタルを鑑賞(写真撮影はNG)

この旅いちばんのホットな出会い!

めっちゃ写真撮りたかったけど、残念ながら写真撮影はNGなんだよ!!

「ちょっとくらい…」と思ってスマホを手に取ろうもんなら、神職の方々から烈火のごとく怒られるから要注意。これについて調べてみると、カメラのフラッシュはホタルにとってはものすごく有害なものらしい。

 

だからこれは、現地に行って目に焼き付けるしかない光景である。毎年6月上旬に「ほたるまつり」として実施されているそうです。

 

鶴岡八幡宮の蛍放生祭は、蛍の生育と放生を通じて豊かな四季と生命の尊さを思い、そのなかで生きることを神々に感謝する祭。

毎年6月上旬に行われています。

夕刻より、舞殿で神事が行われ、巫女の舞も奉仕されます。

そして、神職たちによって柳原神池に蛍が放たれます。

※参考:蛍放生祭~鶴岡八幡宮~より

 

境内庭園で柳原神池を中心に発光しながら飛び回るホタルや、木々や水面に留まって点滅し続けるホタルを、視界一面に捉えることができるのはとても幻想的。一度に確認できるのは、多くて10匹くらい? 俺もうし江さんも生まれてはじめての光景で大興奮!

街で偶然、こんな自然的な光景に出くわすことができて本当にラッキー!!

 

身体はもうクッタクタやけど、言うことない旅の一日だった。ていうか、本当にもう鎌倉で一泊して帰りたかった…

 



 

余談で〆

あえてまとめるような内容でもないと思ったので、余談で〆る。

鶴岡八幡宮で感動的なホタルの風景を楽しんだわけだが、

B’zでホタル的な曲って何だったけ!?(唐突w)

 

 

・・・

残念ながら、スピッツやキンキキッズみたいにホタルをストレートにモチーフにした楽曲はない のかな。

ただ、歌詞に「ホタル」というワードが登場する楽曲なら、次の2曲が挙げられるだろう!!

アクアブルー
B’z
ロック

アクアブルーが静かに
闇の中で光ってる

今日もこの街のどこかで
ホタルみたいに光ってる

 

Crazy Rendezvous
B’z
ロック

揺れているテールランプが
きっと
幸せのガレージに
導く赤いだと 信じて走りたい

 

旅のお供にいかがでしょうか?笑

ご査収下さい。

(おわり)

コメントを残す