【令和2年元旦】佐賀県唐津市「東の浜」で初日の出を拝む(写真有)

breaking Dawn
明日また陽が昇るなら
B’z
ロック

まずはじめに、2019年の元旦にもこの同じ場所で初日の出を拝もうとしたことを思い出す。その日は九州全域で晴れ渡り、各所で素晴らしいご来光が見れたというニュースが相次いだ。

しかしなぜか唐津では、分厚い雲が広がっていた…

karatsu Cloudy
2019年1月1日唐津市東の浜(スマホ撮影)

あの時俺たち夫婦は「いつの日にかこの場所で 僕らもう1度会うんだよ」(ご来光に)と冒頭に紹介しているB’zの名曲「明日また陽が昇るなら」風に誓いあった。

そして1年後――

「明日また陽が昇るなら あそこに海に行ってみたい」とやはりB’zを口ずさみながら、今度は一眼カメラを携えて新しい家族(赤ちゃん)と共に再び佐賀県唐津市「東の浜」へ。令和2年、今度こそ俺たちは初日の出を拝めるのか…

佐賀県唐津市「東の浜」の初日の出

P1010937

確か7時頃。ちょうど夜の闇から朝の光へと切り替わろうとする境目の、太陽が空をオレンジ色に染め始めるそんな時間帯に、浜辺へ降り立つことができた。

ちなみに今年は、車を浜辺のそばの脇道路駐。他にも同じ目的と思われる車が何台か縦列駐車状態で停まっていて、それ以外に車は通りそうもない。スペースもあるので、別に迷惑にはなってないと思われる。

P1010941

西の空には、違った色あいの景色が映る。右が高島で、左が大島だ(たぶん)。高島には、宝くじ当てたい人達のメッカ・宝当神社がある。

P1010949

この日の出前の綺麗な空を眺めながら写真が撮れただけでもだいぶ満足だった。濡れた浜辺の反射も良い。

だけどやっぱり東の浜のご来光が見たい! 

と、ここである懸念が…

まるい太陽が向こうの山から顔を出す頃には、もうすっかり空は明るくなってしまうんじゃないかっていう…

P1010964

北の方の空はこんな感じ。もう夜が明けて、空は青く澄み渡ろうとしていた。

ここから先はどんどん明るくなっていくので、東の浜にて直接「目」で見て捉えられる日の出の風景・色彩としては、ここまでで掲載した写真くらいまでが限界なのかも。

—– ✂—–

ここから先はほんの少しだけ残った淡い夜の闇を頼りに、カメラ側の露出(光の捉え方)のコントロールによって日の出感を演出する。しかしそれでもできるだけ、現実に見えている風景のイメージも崩さないよう慎重に微調整しながら撮影を続ける。以下、太陽が顔を出す直前の調整写真。

そして遂に、昨年から待ち望んだ初日の出…!

P1010980

カメラの露出調整してたくさん撮ったけど、自分的にはこれがいちばんよく撮れたと思う。白飛びも黒つぶれも必然性の範囲内で、現実とのバランスを保ちつつ、

唐津市「東の浜」の初日の出

を写真に収めたつもりだ。

「腕を上げたね」と、妻に言って欲しい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。