「雪塩製塩所」は宮古島旅行で絶対におさえておきたいスポットだった

宮古島に旅行において、誰しもが必ずおさえておくべきだと思ったスポットが「雪塩製塩所」である。

 

早速いちばん言いたいことから述べるが、「雪塩製塩所」では何と言っても雪塩お菓子が食べ放題!(試食の常識の範囲内でw)

ここで心行くまで試食することによって、心穏やかに宮古島土産を購入することができるのだ(俺の場合は自分が食べたことないお土産を人に渡すことに不安があるから&「俺も食べたい…」という嫉妬心もあるからw)

 



雪塩製塩所は試食パラダイス

これがパラダイスへの入口だ…

 

熱帯の沖縄なのに「雪」なのが、印象に残るいいネーミングだと思う。

さぁ、雪塩お菓子を吟味しよう!

 

雪塩ちんすこう

最近ではすっかり沖縄土産の定番なのでは?空港やお土産屋でもたいがい売ってあるし。しかし、ミルク風味があるとは知らなかったな――!ウマい。

 

そして24袋入りで1,000円ってめっちゃ安いと思う。1袋に2本入ってるし!!

 

雪塩れんこんチップス

「雪塩ちんすこう」や「雪塩ソフトクリーム(後述します)」と、甘味のイメージが強かったのだが、こんなおつまみ系のお菓子もあるのだ。

 

雪塩くらんち

まぁまぁしょっぱいですけど、あたたか~いコーヒー、ココアによく合いますよ~♡(店内掲示より)

…コーヒーもサービスで試飲させてくれたら最高だな!!(強欲)

ちなみに売店コーナーで、テイクアウト・コーヒーの購入が可能。後述する雪塩ソフトクリームと一緒に買いました。

 

雪塩ふぃなん

俺はこれがイチオシだったので、これを会社お土産用に購入した。バターの香る美味しいフィナンシェはよくあるが、そこに塩味のエッセンスが加わるなんてなかなかないのでは?

 

雪塩ばうむくーへん

これも好きだったなー。バラ売りを自分たちのオヤツとして購入した。ハードタイプとソフトタイプの2種類があるが、雪塩感を楽しむならハードタイプがオススメ!



雪塩ソフトクリームを買って食べよう

こちらはさすがに試食できません(笑)

というか別に我々もなんでもかんでも試食がしたいわけじゃなくて、むしろこういうのは積極的に購入するタイプです。そしてこちらも、雪塩のしょっぱさアクセントがヤミツキになる逸品!更に…

 

魅惑の雪塩パウダートッピング

様々なバリエーションの雪塩パウダーを好みに合わせてトッピングできるのも嬉しい!!(ここの雪塩だけを手に取って味わっているお子様もおったよねw)

まぁ初見では好みが何かも分からないので、とりあえず一通り一口ずつかけて楽しみました。しかし種類が豊富過ぎて、何が美味しかったかすっかり忘れてしまった。。ぜひ現地でお試しあれ!

※なお、同じ雪塩ソフトクリームが那覇の国際通りでも購入できます。昔食べました!

 

楽しみは“食”だけじゃない!!

例えば、雪塩製塩所は海に面して位置しているので、宮古島の美しい海とそこにかかる池間大橋を一望できたり

…天気とカメラの腕前の問題で、こんな写真しか撮れなかったけど(哀)

 

後はタイミングが合えば、工場見学するのも楽しそう、俺たちが行った時は、残念ながら稼働してない様子だったけど

雪塩ミュージアム(製塩所)
雪塩ができるまでを学んでみませんか?
製造工程だけではなく、
製造工程はもちろん雪塩の使い方から、宮古島に関するさまざまな情報まで、ガイドがご案内いたします。
※HPより

今後俺たちが再び宮古島に行くことがあれば、「雪塩製塩所」にまた立ち寄ること間違いなし!以上!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。