安室奈美恵25周年イヤー第1弾!沖縄宜野湾海浜公園野外ライブのレポ

□トップ画像|安室奈美恵オフィシャルサイトより

キャリアの全てが黄金時代・安室奈美恵さんの記念すべき25周年イヤー第1弾!

9月16日・17日と、沖縄・宜野湾海浜公園で開催された2日限りのプレミアムな野外ライブに、僕たちは参加することができました

開場した15時くらいから開演までの間、炎天下のなか3時間くらいずっと立ちっぱだったので始まる前から既に満身創痍状態で足はガクガク(笑)

でも、安室奈美恵さん本人が会場の大スクリーンに映った瞬間、一気にそんな疲れは吹き飛びました!

その瞬間、自分にこれまでの疲労の一切を遮断するスイッチが入った不思議な感覚を、今もはっきりと覚えています。これがアドレナリン…  いや、アムロナリン(すみません)

カリスマとその音楽の成せるワザでしょうか

 

 

…それからの2時間と少々は、本当に素晴らしい時間でした

一般的なライブとしては決して長くはないその時間の中に、27曲もの歌とパフォーマンスが込められている

その密度ときたら、ライブ中に一切MCをはさまない安室奈美恵さんのスタイルならでは

だから僕らの感覚としては、「え!?まだ2時間くらいしか経ってないの!?」という感じでした

 

今もなお黄金時代

そして唯一無二の存在感

それでいて、この25周年イヤーを最後に引退すると言うのだから、カッコよすぎますよね



セットリスト

以下ではセットリストを視聴と共にご紹介。振り返れば振り返るほど、すごく豪華なライブでした!!  本当に行くことができて良かった…

 

TRY ME~私を信じて~
安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S
J-Pop

ハートに火をつけて
安室奈美恵
J-Pop

太陽のSEASON
安室奈美恵
J-Pop

ミスターU.S.A.
SUPER MONKEY’S
J-Pop

愛してマスカット
SUPER MONKEY’S 4
J-Pop

PARADISE TRAIN
安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S
J-Pop

Just You and I
安室奈美恵
J-Pop

Chit Chat
安室奈美恵
J-Pop

Can You Feel This Love(from ALBUM「FEEL」)
安室奈美恵
J-Pop

ONLY YOU
安室奈美恵
J-Pop

You’re my sunshine
安室奈美恵
J-Pop

a walk in the park
安室奈美恵
J-Pop

Body Feels EXIT(ORIGINAL MIX)
安室奈美恵
J-Pop

Chase the Chance(ORIGINAL MIX)
安室奈美恵
J-Pop

Don’t wanna cry
安室奈美恵
J-Pop

SWEET 19 BLUES
安室奈美恵
J-Pop

Fight Together
安室奈美恵
J-Pop

Damage
安室奈美恵
J-Pop

Mint
安室奈美恵
J-Pop

Fighter
安室奈美恵
J-Pop

ROCK U feat.安室奈美恵
ravex
J-Pop

Let’s Go
安室奈美恵
J-Pop

Higher
安室奈美恵
J-Pop

~アンコール~


GO!GO! ~夢の速さで~
※残念ながら視聴なし…

 

Strike A Pose
安室奈美恵
J-Pop

NEVER END
安室奈美恵
J-Pop

Hero
安室奈美恵
J-Pop


 

 

・・・

安室奈美恵さんの今と昔が交錯して、昔からずっと好きな人も最近好きになった人もみんな分け隔てなく存分に楽しめる素晴らしいセットリストでした

WOWOWの放送ではこのセットリストの全楽曲が登場したわけではないので、DVDの発売が本当に楽しみです

安室ちゃん25周年沖縄野外ライブの感動再び!ありがとうWOWOW!(一部放送されなかった歌もアリ)

2017.10.22



ライブレポ

僕が思う安室奈美恵さんの今と昔

その後の9月24日(日)、朝の音楽番組でそのライブについて「25年間を凝縮したセットリスト」だったと紹介されていました

そんなフレーズにふさわしいライブレポは、正直僕では書けませんが、汗

恐縮ながら話を続けると、僕は安室奈美恵さんのキャリアを単純に「今」と「昔」の2つに分けて認識しています。その境目が「小室哲也」さんの存在です

何となくTVで歌番組を見続けているうちの父さんも、たぶんそういう理解のはず(笑)  そして父さんはそれで、安室奈美恵さんの曲を聴かなくなりましたからね…

 

一方僕はむしろ逆で、

僕は「今」の安室奈美恵さんを知ってファンになりました。確か社会人になって、アルバム『FEEL』を聴いて

だから今でも、安室奈美恵さんの作品の中では『FEEL』の収録曲がいちばん好きです。

 

 

僕が思うライブの醍醐味

そんな『FEEL』に収録されている
Can You Feel This Love」が今回のライブで聴けたのが、おそらく僕がいちばんテンション上がった瞬間でした。もういっかい視聴をどうぞ↓

Can You Feel This Love(from ALBUM「FEEL」)
安室奈美恵
J-Pop

 

この曲は僕とうし江さんの結婚式ニ次会のオープニングで流した曲でもあります。

だから、流れた瞬間に当時の光景や思いが脳内にフラッシュバックしてちょっと泣きそうに…

 

 

こういう感覚が、僕の思うライブの醍醐味です。

✔「次何歌うんだろう?」というワクワクと緊張感の中で、予期せず自分の好きな曲が流れた瞬間の嬉しさ

✔ その歌が自分のある時期の記憶と強く結びついていて、その時の情景や心情が一気に脳内にフラッシュバックしてくる感覚

 

これだからライブに行くのは止められない

僕は当日開演まで、絶対にセットリストは見ない派です

 

 

それに加えて、「なんか聞いたことある!」レベルの歌とライブで初めてがっつり向き合うというのも大好物(笑)

子供の頃から安室奈美恵さんのファンである妻と違って、僕は安室奈美恵さんの「昔」(前述のとおり「小室哲也」さん時代とそれ以前で認識)をあまり知らないんですよね。だから今回のライブで、その時代を楽曲をしっかりと聴くことができて… ハマりましたw

「TRY ME」とか、あれからずっとリフレイン。もういっかい視聴どうぞ↓

TRY ME~私を信じて~
安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S
J-Pop

 

安室奈美恵さんが25年で培ってきた魅力に、今回のライブでますます惹きこまれて―― 最後のベストアルバム『Finally』はもう100%購入決定です(購入しました。3枚目の新曲ナンバーもすごくいいですよね!!)

 

 

 

最後は “いつも通り” でも…

ライブの最後は “いつも通り”

「またきてね バイバイ!!」

 

“いつも通り” 今回もこんなに楽しい時間を過ごすことができたのに、まさかこれから1年が最後になるなんて… 引退発表聞いた時には妻と共に信じられない心境でした

“いつも通り” ということがどれだけ素晴らしくて有難いものなのか、体感を持って教わりました

☞参考…Namie Amuro Official Site|News

 

これからの1年は僕らも悔いを残さないように、安室ちゃんの最後のライブツアーには可能な限り行きまくる所存です!!

⇒無事、2018年6月2日 東京ドーム公演に参戦することができました

(おわり)

関連記事

合わせてどうぞ!

9/15 安室奈美恵さんラストライブ開催決定!最後は故郷沖縄で

一人夏フェスだった事実を踏まえ、安室ちゃんの沖縄野外ライブを再びレポる

namie amuro Final Space 東京会場の記録(ネタバレあり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。