【2019年11月下旬発売】OM-D E-M5 MarkⅢ 特別体験会の感想@オリンパスプラザ東京

俺が持っているOM-D E-M5 MarkⅡ(2019年4月に購入)が、4年以上の沈黙を破って遂にMarkⅢに進化したという話で、東京・新宿のオリンパスプラザで特別体験会とは絶好の機会だと思い参加。

事前の俺の期待値としては、

  • ダイナミックレンジ拡大
  • 画質(特に解像感)の向上
  • AF追従性能向上

などが挙げられるが、

これらは室内でサクっと試写しただけでは全然分からんかった(笑)

やっぱり外を撮り歩かないと! …というか、俺の体験会に臨むスタンスが悪いのか(汗) 上記の期待値に対して、適切な室内試写の方策を持ち合わせていなかった… 

なので俺の場合、「OM-D E-M5 MarkⅢで試写」というよりは、「気になるレンズで試写」という意味合いの方が強くなってしまった。やっぱPROレンズが欲しいなー

40-150mm PRO 望遠側撮影 ボケ綺麗…

こんな俺がOM-D E-M5 MarkⅢの特別体験会について感想って、自分でもあんまり期待できないのだが、笑 
それでも頑張って見出しをつけて書いたら、こんな感じになりました↓

上位機種「E-M1 MarkⅡ」に肉薄する性能

※E-M1 MarkⅡ 製品紹介 より

画質面で言えば、下記の通り性能アップ

  • 画素数:1605万画素 ⇒ 2037万画素
  • 画像処理エンジン:TruePic VII ⇒ TruePic VIII

これは上位機種 E-M1 MarkⅡの性能そのものである。これによって、スペック的には俺の求めている「画質(特に解像感)の向上」はそれなりに期待できるはず。

でも「ダイナミックレンジ拡大」についてはやっぱりよくわからん。専門的なブログの受け売りだと「ダイナミックレンジを左右するのは主に1画素あたりのセンサーサイズ」とあるから、理論上はダイナミックレンジ狭くなってるんじゃないかと訝しむが、「E-M1 MarkⅡになってダイナミックレンジが広がっている」という記事もよく目にするので、センサーも新しくなって進化していると考えるべきか。…これについてはやっぱり外で撮り歩きして実感してみたい!

その他の性能については、以下のような比較が紹介された

E-M1XE-M1 MarkⅡE-M5 MarkⅢ
AF★★★★★★★
連写性能★★★★★★★★
手振補正★★★   ★★★★
軽さ★★★★★

これを見る限りは、「AF追従性能」もE-M1 MarkⅡと同等。

俺は現状全くC-AFを使いこなせてないので講師の社員さんに個別で話を訊いてみると、E-M5 MarkⅢでは2種類のAF方式(新しく追加された像面位相差AFと従来のコントラストAF )が併用されることと、フォーカスエリア拡大によるグループターゲット選択の幅が広がったことで、C-AFも今以上に快適に使えるだろうとのことだった(今の俺の使い方自体がだいぶ至らなかったようで、訊いてみてよかったw)

トラッキングやプロキャプチャーも使えるようになって、鳥とか動体の撮影はだいぶ楽しくなりそうである。

更なる「機動力」の追求、驚きの握りやすさと軽さ

※オリンパスHP E-M5 Mark III 製品特徴 より

俺レベルには、これがいちばん分かりやすかった(笑)  

グリップの形状が E-M5 MarkⅡ(以下、先代)とは異なっていて、めっちゃ握りやすい!! 

それに撮影モードのダイヤルも右側に集約されているので、レンズ次第では電源ON状態であれば右手一本でも快適に使えるかも?(なお、電源のレバーは左側)

ゴツいレンズでも、先代と比べればかなり使いやすいはず!

そして軽い!!!

レンズをつけていない状態だと、正直不安を覚えるほどの軽さである。電池・カード含みで414g!! 先代よりも50gばかり軽い。

バッテリー小型化による軽さ追求

※オリンパス キャンペーンページ より

軽さの追求により、バッテリーの機種が変更されて小型化。しかし、数値上バッテリーの容量はダウン。「それでも撮影枚数は先代とは変わらず、省電力化に成功している」のがポイントとして紹介されていた。

この方向性については、賛否が分かれそうなところだ。俺は上位機種「E-M1」との棲み分けや差別化を考えると正方向の進化かなと思ったが、 先代でも十分軽いので「従来バッテリーのままでいいから省電力化で撮影枚数増やしてよ…」っていう声があるのも納得ではある。

それに俺、従来バッテリーを現状2つ所有してるので、仮に新機種へ乗り換えるとしたらそれらが使えなくなるのは悲しいね(泣) バッテリー交換キャンペーンとか、やってくれないかなー

発売前購入宣言キャンペーンでOM-D E-M5 MarkⅢ用のバッテリーを1個もらうことは可能!フォトパス会員のキャンペーンページで「購入宣言をする!」ボタンをクリックしておき、購入後キャッシュバックを申し込めばOK
OM-D E-M5 Mark III・OLYMPUS PEN E-PL10 発売前購入宣言キャンペーン!!

USB充電が可能

スマホ用のバッテリーを使って、カメラにもUSB充電ができるようになるのは嬉しい。 それならバッテリーの容量ダウンも補完できるので、やっぱり俺はバッテリー小型化に賛成派かなぁ。

ただし、給電(撮影しながら充電する)は不可とのことなので、結局はバッテリー2つ持っておかないと心配かもね…

ボディの質感の変化?

触ってみると、ボディの質感が明らかに違うので、これは後で調べた。

従来の「マグネシウム合金」から「エンジニアリングプラスチック」という材質に変更されているらしい。これも軽さ追求の一環だろう。

これについては「プラスチックかあ…」と萎えているのが、正直な感想。他所でもそのプラスチッキーな見た目や堅牢性の低下を懸念する声が上がっているようだ。

E-M5 MarkⅢのキットレンズは14-150mm F4.0-5.6 Ⅱ

つまり、俺が欲しがってる12-40mm F2.8のPROレンズキットが無い… 

E-M5 MarkⅢ+12-40mm PROレンズ

これは残念。先代にはあるのに(泣)

だからもし俺が E-M5 MarkⅢを買うとなれば、本体ボディのみの購入となる。何年後か分からんが、次の買い替えはPROレンズをキットでお得に手に入れるチャンスだと思っていたのに…

体験会を経て… 俺的率直な結論

E-M1 MarkⅡが欲しくなった(笑)

E-M5 MarkⅢの画質性能・AF追従性能はE-M1 MarkⅡと同等なワケだし、E-M1 MarkⅡの方が重いとは言えPROレンズを使うならそっちの方が安定しそう。それに、PROレンズキットの販売もあるし!

その上でE-M5シリーズは、その機動力をより活かす小さい単焦点レンズを主につけるサブカメラとして運用することができたら、俺は文句なしに幸せになれそうだ。12mmF2.0レンズとかあれば最高!

今持ってるE-M5 MakkⅡは最低でもあと3年は使いたいと思ってるけど、その3年後にはすでにE-M1 MarkⅡをメインカメラとして所有していて、サブカメラの買い替えとしてE-M5 MarkⅢを手に入れるという、理想的なシナリオが見えたね。完全に!

ねがい
B’z
ロック

関連記事

念願の一眼カメラ購入~オリンパスのOM-D E-M5 Mark II を選んだ理由

2019.09.21

夕焼け・夕景の撮影にハイライト&シャドウコントロールを使う(マイクロフォーサーズ)

2019.10.15

オリンパス「階調オート」機能を使うか否か…「階調標準」と風景撮り比べした感想

2019.10.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。