泊まってよかった宮古島のお宿!沖縄料理の朝食が美味しい「凸凹家」(写真・献立あり)

泊まりがけの旅行に行く時には、ホテル・お宿選びをすごくこだわりたいお年頃である。数年前は「飯は外で食うし遅くまでハシゴするから、とりあえず安いビジネスホテルでよかー!!」という感覚だったのだけど、最近は良いホテルやお宿の施設や料理、そしてその近辺の観光地を1日かけてまったり楽しみたいなと思うようになった

そんな風に年とともに趣向が変わりつつある中で、むかえた2019年3月の宮古島旅行である。しかし旅行と言っても、1日目は移動~夕方着で2日目は昼~夜で知人のパーティに出席、3日目は東京に帰るというスケジュールだったので、残念ながらあまり宿泊先とその近辺をまったり楽しむようなプランは組めそうになかった… まぁ初の宮古島ということで、車で回りたいスポットもいっぱいあったから、結局はいつもようにのレンタカーが大車輪の活躍するドタバタ旅行になりそうだった(笑)

かと言って、宮古島のホテル・お宿選びを妥協するわけじゃない!滞在時間が短いので施設の良し悪しや温泉の有無とかにこだわることはないが、「これだけは押さえたい!」というのが俺の中にあった。それは「朝食が美味しい」ということである。せっかくなのでそれが沖縄料理だとなお嬉しい。洋食のビュッフェとかは別にいいや…

—– ✂ —–

「朝食の美味しさ」その点にこだわってじゃらんやその他宿泊サイトの口コミを分析した結果、行きついたお宿が池間島の「凸凹家」だった――

市街地から25分 池間の宿「凸凹家」

宮古島の市街地(平良-ひらら-)から車で約25分くらい。凸凹家=読みはたぶん「デコボコヤ」だと思うのだが、レンタカーに外付けされていた型落ちまくりの古いカーナビには「トツオウイエ」と表示されていたので妻・うし江さんと一緒に笑った。しかし、本当に「トツオウイエ」だったらすみませんw

 

池間島という最高のロケーション


※これは池間島側から撮影

エメラルドグリーンの海にかかる「池間大橋」を疾走。日本でいちばん長い「伊良部大橋」と比べると全然短く感じるが、それでも非日常感を味わうには十分!

そして池間島はまさしく未開拓の秘境という感じで、観光名所はいくつかあるものの全く案内に力が入っていない() そこに訪れても、その付近に設置してあるズタボロの看板を見て「え、本当にあるの!?笑」「どっち行けばいいの!?笑笑」となることが多かった。

それでも池間島は狭いので、1日もあれば余裕でひと通りのスポットは巡ることができる。あと、ビーチとサンゴ礁がめちゃくちゃ美しいらしくダイビングやシュノーケルは格別に楽しそう。ただし、池間島現地の人に案内してもらってダイビングやシュノーケルをやる場合は、たいてい1日がかりか半日がかりのプラン(弁当つき)である模様。俺たちは前述の通り今回の旅行はスケジュールが詰まっていたので、池間島でシュノーケルしたかったんだけど泣く泣く諦めた…

 

部屋の様子


こんな感じ。全体的に特に不満はない。壁掛けのテレビが小さいと思ったけど、別に俺はテレビ見ないし

 

ソファーのカバーのテイストとクッションのスパンコールに面食らったぐらいだ(笑)

 

こういうちょっとした心遣いに、オーナーのこだわりがあると思う。嬉しい。そして最終日だけこのインスタントコーヒーを飲んだんだけど、めっちゃ美味しくてびっくりした!! なんのインスタントコーヒーなのか、聴いとけばよかったなー

 

備え付けお風呂が…

ちょっとしたプール並みにデカい!!!!!
お子様連れなら、子供が大喜びすること間違いなし。ただし、水が貯まるのに30分以上かかったんじゃないかな?笑

「水があふれると、部屋の方にまで流れてくるから注意して下さい」みたいな注意書きがあったんだけど、これは確かにやってしまいそう… めっちゃ疲れてチェックインして、お風呂入りたいんだけど水が全然貯まらなくて、ベッドでごろごろしながら待ってたらいつの間にか寝てて、気づいたら部屋が水浸しに。。とか、俺1人で宿泊してたら絶対やってしまうわ()



シャンプー・リンスはもちろんのこと、入浴剤まで置いてあって(しかも泊分を違う種類で!)、「凸凹家」のアメニティには文句なしである。

 

そして待望の朝ごはんは…

収集した前情報通り、めっちゃ美味しかった!!!
沖縄料理で品数が充実しているのがすごくイイ。現地の野菜や魚がふんだんに使われているから、特別感もあって大満足である。味付けもウマい!!沖縄風が苦手じゃなければ)ご飯もおかわりOK!!

★今日の朝食★
~当店のご飯は全て国内産のお米を使用しています~ グルクンのねぎ味噌マヨネーズ焼き/冬瓜と鶏肉のトマト煮/ニガナの白和え/ゴーヤサラダ/ゆしどうふ/ナーベラーの酢味噌和え/味付け海苔(3/16食堂の掲示より引用)

 

そして2日目の朝は、全く違うメニューだったのも嬉しい

★今日の朝食★
~当店のご飯は全て国内産のお米を使用しています~ マンダイの照り焼き/ナーベラーンブシー/クーブイリチー/パパイヤサラダ/うりずん豆/インゲンのごま和え/味付け海苔(3/17食堂の掲示より引用)

…うし江さん曰く、「今までの旅行の朝ごはんの中でいちばん」とのこと!「朝食の美味しさ」にこだわってお宿を選んだ甲斐があったな!!



—– ✂ —–

オーナーのこだわりとおもてなしの心意気が詰まった、素晴らしいお宿だったと思う。また泊まりたい。そして次は、池間島で海水浴やシュノーケリングを楽しみながらのんびり滞在してみたい

池間島観光の関連記事

別ブログ『まだやだ僕は眠らない』へ

2019年3月16日、宮古島旅行2日目。池間島で朝をむかえる。<関連記事>宮古島市街地から池間島のお宿「凸凹家」へ ~2019年3月の宮古島 : まだやだ僕は眠らないこの...
2019年3月16日、宮古島旅行2日目の朝、池間島での一幕。まずはこの記事を書くにあたって調べたこと↓湿原(しつげん)とは、湿地 (wetland) の一種で、淡水によって湿っ...
最初に「池間湿原」に歩いてアクセスしようとした時、車を停めたのが「フナクスビーチ」の駐車場だった。<関連記事>湿原、湿地とは?「池間湿原」へ足を踏み入れ...
池間島はかつてカツオ漁が盛んだったらしい。その名残なのか、お土産屋には「カツオの燻製」があった。試食してみたところ、なかなかの美味。お酒と一緒に楽しみたい一...
午後からは宮古島本島で開かれるパーティーに赴かねばならななかったので、そろそろ池間島を離れることに。午前中だけでも結構巡れるものなのです<関連記事>意外...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。