真剣に売り出したいと思っている我が家の和牛タタキ 美味し過ぎ

写真で紹介する我が家の和牛タタキ

真剣に売り出したいと思っているのだが、

どうすればいいのか…

 

 

 

美味し過ぎ

そして美しい!!

 

ちなみにこれは元肉屋のウチの父が、時々趣味で焼いているものだ。

流行りのローストビーフとは似て非なるもの。

「和牛タタキ」である

 




これは今年(2018年)の正月におせちと一緒にふるまわれたもの。

霜降りが美しい・・・

父曰く「最高の肉、最高の出来」!!

 

 

 

これは2017年の正月の時。

この年は「あまりいい肉が手に入らなかった」と嘆いていた父。

確かに見た目も、今年の写真には劣るような気がするが、

それでもめっちゃ美味しかったと思うぞ(笑)

 

 

 

…そして正月が終わると、父は冷凍品をおすそわけしてくれる。ありがとうございます!

焼き上がった状態でブロック状に仕上がっているので、それを解凍して薄く切るのはうし江さんの役目

 

 

今年うし江さんは、冷凍の状態でタタキを食べる分だけ薄く切り出して、それから解凍する技を生み出した。

これによって1ブロックをちょっとずつ食べることができるようになり(残りはまた冷凍して保管)、更に解凍にかかる時間が大幅に短縮された。

それでこんなに美味しそうってすごくない? 事実美味しいし…

え、これってビジネスチャンスなんじゃ・・・

 

 




あ~ 商売したいわ~~

(おわり)

 

<関連記事>

合わせてどうぞ!

素敵な小話とニコライ・バーグマンの花束を母の日に贈ります

肉屋の息子とその嫁が選ぶ、大阪本町界隈の厳選ハンバーグランチ4店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。