良い革靴が欲しくてたまらなくて安い革靴を購入する俺の真理

◆もう俺も31歳なんで、そろそろナイスガイ目指してスーツスタイルに気を遣おうと思っている。

 

ナイスガイって本来的には内面の素敵さを指す言葉らしいので、「外見(スーツスタイル)は関係ない」というご指摘もあるのかな… とか思いつつ、それでも俺は「内面を如実に映し出すのが外見」であるということを信じ、またあるいは「外見を磨けば内面も磨かれる」という都合のいいループ的な思考に入り込んで一気に購買へ… といきたいところであった。

そして外見を磨く手始めとして「オシャレは足元から」という大原則に則り、良い(高い)革靴を手に入れたいと俺は考えている。ありきたりだけど、リーガル(2万円~)とかスコッチグレイン(3万円~)の革靴が欲しい!!

 

 

 

良い革靴は手入れさえ怠らなければいつまでも履き続けることができ、かつエイジングによる革の皺や風合いの変化も味として楽しむことができるから、結果的にコスパもよいという話もよく耳にする(ネット上にもそんな情報があふれている)

 

ちなみにこれまで俺は、安いスーツ専門店のセール品として更に安くで販売されていた革靴を購入してきた。しかも、ソールはゴムで履き心地がスニーカーテイストのものを率先してチョイス。それを半年~1年で履き潰して買い替える、というのが主なスタイル。

 

しかし一度だけ、2年くらい前に2万円~くらいの革靴をコムサメンで購入。友人の結婚式用にとチョイスしたもので、その時は普段履きするつもりはなかったのだが、他のやっすい革靴を全部履き潰してしまって買い替えるのも面倒になって、普段履きでも利用するように。

この経験のおかげで俺は「良い革靴は足になじむ」ということと「長持ちする」ということを身をもって実感。しかし、そもそもの俺の革靴に対する意識の低さゆえに今はもうその革靴も「履き潰された」といって過言ではない状態になってしまった。ボロボロである

 

※俺の意識の低さ

  • 同じ革靴を毎日履く(少なくとも1年間は週5勤全て履き続けた)
  • 雨の日でも気にせず履く(途中までは防水スプレーすら使っていない)
  • 靴を脱ぐ時は片方のつま先で片方のかかとを踏んずけて脱ぐ

 

 

…こんなひどいありさまで、それでも長持ちした方だと心底良い革靴に感心した俺。また、靴底のかかとについてはこれまで2回修理したものの、つま先の摩耗まではまったく意識が及んでいなかったため放置していたら、限界点を通り越したのかここ最近で一気につま先がボロボロになりはじめた。革本体にまで深く傷が入ってしまっているから、これはもうさすがに手遅れであると思われる。

 

俺の意識が高ければ… もっと長く愛してあげることができたのかもしれない。

 

ここで1曲、、、

聞いて下さい。B’z「ながい愛」

ながい愛
B’z
ロック

 

 

さてさてそんなワケで、

この機会に改めて良い革靴を手に入れてスーツスタイルをより良いものとし、かつ気合を入れてメンテナンスしながら長く履き続けたいという思いに至る

 

 

 

 

が、ここで自分自身に対する疑念がわく

結局俺は意識が低いままで、良い革靴買ってもまたすぐダメにしてしまうんじゃ――?

 

 

冒頭に外見の大事さを述べたが、結局のところは自身の内面の成熟度合いに合わせて着飾らないと、いずれうまく立ち行かなくなるものなのである。あくまで内面と外見のバランスをとりあいながら、自己の形成に努めていかねばならぬと考える。

 

口惜しいが、冷静に考えると今の俺は内面と外見のバランスが全然とれていないような気がするので、

いかに外見ばかりを綺麗に整えたとしてもそれは結局金メッキのようなものであり、すぐ剥げてしまうのがオチになってしまうんじゃなかろうかという思いに至る

 

 

高い確率でそれはあり得る。

 

憧れのリーガルやスコッチグレインは、俺にはまだ早い

…と、こんな風に一度冷静になって衝動買いを抑えることができるようになったところは、多少なりとも自身の内面的な成長の一端であると信じたい

 

 

 

そして結論、

俺は外見を綺麗に整えることよりも、まずは内面からしっかり整えることにした。

 

再び安い革靴を購入して!!

その革靴を、まるで高級革靴であるかのように気を遣い手入れすることを継続するトレーニングを開始する。靴を磨き、心を磨く的な。そして革靴に対する意識を変え、習慣を変えるのだ。

 

その先に、憧れのリーガルやスコッチグレインに見合う俺がいると信じて――

 

 

なんならもう、靴磨きしながら斎藤一人の天国言葉とか唱えちゃおうかな?

~天国言葉~
愛しています
ついてる
うれしい
楽しい
感謝しています
しあわせ
ありがとう
ゆるします
by 斎藤一人

これで俺もお金持ちになること間違いなし(曲解)

 

 

ごめんなさい、斉藤一人はジョークだけど、まじで良い革靴を履きこなしたいんでちゃんとします。急がば回れ! その先に、憧れのリーガルが… ↓


 

 

そしてこのような真理のもと、実際に1万円以下で購入した革靴がコチラである

 

つづく

1万円以下で購入した安い革靴「マドラス エルプラネット」履く前に手入れ

2018.07.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。