千葉の彼岸花の名所

「松戸のミニ巾着田」と言われているそうです。*1

千葉県松戸市にある「祖光院」という彼岸花の名所。ここ数年焦がれていた一面に広がる彼岸花の絶景を求めて行ってきました。

その日の朝偶然にも近所の水元公園で彼岸花の絶景を見つけてしまった後ですが・・苦笑 

水元公園のヒガンバナの丘で悲願の彼岸花鑑賞 – グチヤマミートショップ
葛飾区の金町から近所(自転車圏内)で彼岸花の鑑賞スポットを探すシリーズ。最適解はシンプルに、1年を通じて緑あふれる水元公園でした。たいして期待しておらず「花壇くらいあるやろ~」くらいの軽い気持ちで行ってみたら・・(調べろよ笑)圧巻の風景でした。ヒガンバナの丘というらしいです。

妻に水元公園のさながら真っ赤な絨毯のような写真を見せると「もう千葉行かなくていんじゃね?w」と言われましたが、そこは抜かりなく昼食で妻の大好きなスシローに行く予定を組んでいましたので逃がしません。

五香という駅で下車、スシロー松戸五香店で昼食 → 昼食後は道中の公園で息子を遊ばせる → 西友常盤平で授乳かねて休憩 → 祖光院で彼岸花鑑賞 …という完璧なプラン。朝の水元公園さえなければ我が家史に残る彼岸花DAYになるはずでしたね

祖光院(千葉県松戸市)

なんと残念ながら祖光院の彼岸花は見頃を過ぎて枯れ始めていて…(2021/9/20時点)

同日の水元公園は満開でいちばん綺麗な時だったので予想だにしませんでした。去年に比べるとだいぶ早かったのかな、この日見頃を逃してしまった多くの人たちから落胆の声が聞こえてきました(去年の方が良かった‥とか、地元の人?)

広く景色を写そうとするとどうしても枯れた彼岸花が写り込んでしまうので、そういう写真は割愛します。とはいえ「ミニ巾着田」と言われるだけあって、林の中に広がる彼岸花の景色はすごい。それと白い彼岸花や黄色い彼岸花(正確には近縁種)も拝むことができるのは、水元公園にはない魅力。*2

あれ?

祖光院

似てる??笑

境内で神様(ムスメ)を抱っこする妻は、彼岸花じゃない別の花がお気に入りだったよう。境内のベンチに座って空を見上げると、丸々と連なる葉っぱが特徴的な木の花。たぶんサルスベリの仲間かな

サルスベリ?

金ヶ作公園

祖光院で彼岸花鑑賞する前の話ですが、大好きなスシロー(松戸五香店)で家族3人お腹を満たした後は「金ヶ作公園」へ立ち寄りました。

徒歩約10分(Google MAP)

金ヶ作公園

滑り台が地面から結構離れていて、カタパルトみたいに飛び出していきます。着地するも勢い余ってつんのめり前に転ぶ子供が多数。うちの子も例外ではなく、転ぶたびに「うぎゃぁあああ!」と叫んではまた懲りずに滑りに行く。まさしく七転八起!

金ヶ作公園

それと、このタイプのブランコがあるの有難い。2歳になったばかりの息子はまだ普通のブランコには乗れません


金ケ作公園のすぐそばにオムツ替え&授乳ができる西友常盤平店があります。そこから更に徒歩10分ほどで祖光院に到着。祖光院付近は歩道が狭く車も意外とよく通るのでベビーカー押してのアクセスには注意が必要。あと入口が砂利道で、そもそもベビーカーでの入園は想定されてないですね。カメラを持った観光客はまぁまぁ多いです。

徒歩 計15分程度(Google MAP)

常磐平駅(新京成線)

新京成線

ピンク色の車体が眩しい新京成線。こちらに乗って東京へ戻りました。

*1:
「巾着田」とは埼玉県日高市にある彼岸花の名所。巾着田曼殊沙華公園というところで、例年全国から大勢の人が集まるらしい。しかし2020年・2021年と時勢により中止、彼岸花は全て刈り取られた・・

*2:
見頃の祖光院の写真は、ぜひ「ミニ巾着田」でググってご覧ください。みなさん素敵な写真をブログにUPされています。

go-to-top