1年ぶりに洗濯機を掃除した成果…

◆前回のあらすじ

購入から7年後、東京に引っ越ししたタイミングで洗濯機から腐臭爆発。しかし、酸素系クリーナーを使用してがっつり掃除した結果、事なきを得た… そしてそれから、1年が経過した今――

購入から7年後、はじめて真剣に洗濯機を掃除した時の話

2018.07.09

 

 

さあ、久しぶりに洗濯機を掃除してみよう。

「青いお空が欲しいのね♪飛ばしてごらん!シャボン玉♫」でおなじみのシャボン玉石けんが提供する洗たく槽クリーナーを使用する。

 

 

奇跡の復活を遂げた1年前の掃除にもこの商品を使用した。近所の薬局でパッケージを見て「酸素系のクリーナーである」ということが非常に分かりやすかったことと、子供の頃から母親からこのメーカーのシャンプーを使わされていたのが決め手(大学時代、仕送りの物資に混入させるほどゴリゴリにこのシャンプーをオススメされた)

 

これをこんな感じで…

 

ドバァーッっと!!!

1回の掃除で一袋、景気よく使い切る(適量)

 

…余談だが実は同時刻、ちょうど白とグレーのキャンバス地のスニーカーを同じく「酸素系」のワイドハイターで漬け置き洗いを並行して行おうとしていたので、一瞬「スニーカーもここにつけて置いたらよくね?」という考えも浮かんだものだが、昨年のぴろぴろわかめ大量発生を思い出してリスクを感じやめておいた。この時のスニーカー洗いの成果についてもまた後日記録したいと思っている。

キャンバス地(白×グレー)のスニーカーに染みついた汚れを落とす

2018.07.21

 

 

閑話休題

そういえば、クリーナー投入の前の工程に「洗濯機に30度から40度のぬるま湯を張る」という内容がある。結構大事なところだと俺は思っている。なんとなく直感的に。ただ、うちにはホースがないので、洗濯機に直接ぬるま湯を入れることができない。なので、、、

 

すごく頭が悪い方法
だと思うが、1年前もこれでやったことを覚えている。約40リットルの水をぬるま湯にするためには、「0.8リットル分のお湯をわかして洗濯機に注ぐ」の作業が10回以上は必要だった。

 

そして、前述した通り洗たく槽クリーナーを一袋全部投入したのち、洗濯機の標準機能である「槽洗浄」モードで5分ほどまわして、槽内にクリーナーをかくはん。その後運転が止まり、2~3時間くらいつけ置きで放置。すると…

 

ドーン!!!

…って、あまりインパクトのある画にはならんかった(笑) まぁ、1年ぶりの掃除ならこんなもんってことです。画像の左上のほうにポツッと浮かんでる黒いつぶが「ぴろぴろわかめ」と呼ばれる黒カビ・汚れである。

逆に言えば、それでも1年でちゃんと(?) ぴろぴろわかめが発生しているという事実にこそ注目しなければならない。洗濯機はすぐ汚くなるということだ。

 

これを網ですくって…
(俺は料理用の金網に更に目の細かい水切り網をかぶせたものを使用)

 

ババーン!!!

…なんか、ごっそり大漁だった前回と違って、ちまちまと浮かんできたぴろぴろわかめを収穫していく作業だったので、逆に神経使う。「まだあるんじゃないの?まだあるんじゃないの??」みたいな。

 

こんな感じでもうワンセット「洗濯機まわす→2~3時間後のわかめすくい」をやって深夜に突入。この日は翌日カンボジアに行くわけでも無かったので、そのまま一晩つけ置くことにした。

 

 

そして朝8時起床、作業再開

一見わかめはいないように見えるが・・・

 

まだおるわー 

泡の下に隠れとるわー

…前回みたいに時間の制約が無い分、こだわりだすととまらん(笑)

 

またひととおりのわかめ収穫を終えて、もう2時間だけつけ置きいよいよ排水。そしてすすぎと脱水を繰り返して掃除完了。

 

一見キレイになったようだがしかし、水を張ってみて目を凝らして見ると、すくいきれなかった細かい汚れやゴミが水に交じっているのがわかってしまう。後は普通に洗剤いれて洗濯したら、汚れと一緒に排水される程度のものかもしれないが…

 

というわけで今回は、仕上げに重曹洗いも実施。

 

これはてきとうに重曹入れて、普通に全自動で洗濯機を運転しただけだ。これにて1年ぶりの洗濯機掃除終了。

 

 

俺の洗濯機掃除全手順 まとめ

①30度~40度くらいのぬるま湯を洗濯槽になみなみ貯める

②酸素系クリーナーを適量入れる(シャボン玉石けんのクリーナーなら、たっぷりと一袋全部使い切る)

③5分ほど洗濯機をまわしてクリーナーをかくはん

④2~3時間程度つけおく

⑤黒カビや汚れが剥がれて浮かんでくるのでネットですくう

⑥また5分ほど洗濯機をまわして④⑤の手順を実施

⑦一晩つけおく

⑧また黒カビや汚れが浮かんできてるのでネットですくってもう2時間つけおく

⑨排水・脱水 → 注水・すすぎ・脱水 → 注水・すすぎ・脱水

⑩もう1回洗濯槽内に高水位で水をためて、適当に重曹を入れて通常の全自動運転をして終了

 

しかし、

 

 

 

 

正直、成果がよくわからない(笑)

 

掃除する前は洗濯機から家の廊下へ漏れ出るほどの絶望的な腐乱臭がしていて、掃除が終わったらすぐにカンボジアに飛び立ち、その5日後に家へ帰って来て廊下に立った時には劇的に匂いが消えており洗濯機に顔突っ込んでも全然不快じゃない――

購入から7年後、はじめて真剣に洗濯機を掃除した時の話

2018.07.09

 

…これくらいの鮮烈な体験がないと、洗濯機掃除の成果を実感するのは難しいというのが今回分かった。

 

ドラゴンボール コミックセット (ジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]

(おわり)

コメントを残す