デジタル写ルンですGX1

写ルンですのレンズを再利用した「Wtsulens」というGIZMON社製特殊レンズの存在とその写りを知って、最近使用頻度が著しく落ちていた中古の「パナソニック LUMIX DMC-GX1」の用途開発にいいんじゃないか? と思い立った。

写ルンですみたいに手軽で便利にバシャバシャ写真が撮れて、かつLo-Fi志向ゆえに現像であれこれリカバリーに悩む必要もない。もちろんデジタルカメラだからプリントせずに写真は見れるし、プリント後のデータ化に悩む必要もない。最高やん!

一度思い立ったなら買わずにはいられない価格感でもあり、Yahoo! ショップで「Wtulens L 17mm」を即購入。*1

カメラ本体の中古価格と合わせれば1万円強で、写ルンです仕様のデジタル一眼カメラが出来上がった

Wtulens 17mm

カメラのカスタマイズ設定も色々試してみて、撮って出しで自分の記憶の中にある写ルンですライクな写りをデジタルで再現。今やすっかりお気に入りで、GX1は写ルンですのデジタル再現専用機として我が家に存在感を撮り戻している。*2

GIZMON Wtulens L

HPにちょうど掲載されている、LUMIX DMC-GX1にWtulens L を装着したサンプル画像を拝借。うちのカメラもまんまこれなのです。見ての通りボディキャップ並みに薄いレンズで、GX1のボディもコンパクトなのでコートのポケットなら楽々おさまるサイズ感。重量はなんと400g以下!!(バッテリー含む)

ジョギング用のウエストポーチにもすっぽり収まるので、このカメラのおかげで日々のトレーニングも捗る予定(まだ1回しか走ってませんけどw)

Wtulens L

カメラ本体の各種設定

GIZMON
息子が持ってるのが写ルンです仕様GX1

中古相場の安いGX1とトイレンズのWtulensなら、息子にいじられても別に気にならない(笑) *3

専門の写真屋さんで現像(プリント)をして頂くという工程が無いからだろうか。ファーストインプレッションは「え、写ルンですってこんなに写らないんでしたっけ?笑」と思ってしまうくらいWtulensの性能は低いもんで、周辺部はやたら暗く像が流れて破綻するしF16絞り固定ゆえにISOを上げざるを得ずその分ノイズもすごい。室内の写真なんてRAWデータで見たら、何をどうすればいい感じにリカバリーできるのか皆目見当もつかないし、そもそもRAW現像でリカバリーすることを想定して購入したレンズではない。

なので、GX1側の設定をカスタマイズしてカバー。普段使わないような機能も使って、例え室内でも(むしろ室内の子供撮りこそ)ほとんど設定意識しなくても即座に写真が撮れるようなカメラに仕上げることができた。これぞまさしく写ルンです!

撮影モード

撮影モードは「M(マニュアル露出モード)」に設定

GX1 & Wtulens

マニュアルと言っても絞りは固定なので、シャッタースピードしか変更できない。

それなら「S(シャッタースピード優先モード)」でもよいのでは? と思ったが、絞り値が可変でないことにより露出補正がダイヤルで操作できず±0表示のままとなってしまうため不便。それならMモードで露出を確認できるほうがよい。

シャッタースピード、ISO感度

室内での撮影を基準に初期設定している。

  • シャッタースピード1/50を下限と考え初期値に設定
  • ISO感度3200を上限と考え初期値に設定

屋外に出た時は、動き回る子供を撮るならシャッタースピードを優先的に上げて、風景撮るならISO感度を優先的に下げる。←このカメラで風景撮ろうとはあまり思ってないです(笑)

GX1 & Wtulens
SS 1/80, ISO400, フラッシュ使用

フラッシュ

フラッシュはほとんど全てのシチュエーションで使用している。写ルンですを使ってた頃の記憶を辿ると、いついかなる時もだいたいフラッシュたいてませんでした? それが正しい行為なのかどうかは未だよく分かりませんが(笑)

GX1 & Wtulens
写ルンです的にフラッシュがすぐ使えるのは重要

フラッシュ使った時の描写が自分の記憶の中の写ルンですのノスタルジーを再現するのに一役買ってくれている気がする。まあ単純に室内で撮影する時にISO上限3200とシャッタースピード下限1/50を保つならフラッシュがないと無理っていう話でもある。


以下、実際に夜の室内で撮った時の値(左)とその写真(右)

露出とフラッシュの関係性がよく分かってないんだけど、-3EVでもちゃんと写る。それにフラッシュ使うともれなくキャッチライトが入るのがいい。なお、フラッシュ光量は「-2/3EVまたは-1/3EV」くらいで気持ち控え目に設定している。

その他画質に関わる設定

その他、画質に関わる諸設定について。Wtulens使用時の写ルンです再現用として、カスタムセットに登録して簡単に呼び出せるようにしている。

  • フォトスタイル:ナチュラル
  • コントラスト:+2
  • シャープネス:±0
  • 彩度:+2
  • ノイズリダクション:±0
  • AWB:A寄りへ+3、G寄りへ+2
  • I.R 超解像:中

レンズの低性能と高感度による劣化を補う目的で、やや強めの設定をデフォルトにしている。「I.R 超解像」なんて仕様が謎すぎてこれまで使ったことなかったけど、レンズが低性能でかつ撮って出しだと確かにその恩恵を感じる(気がする)。ノイズを抑えながら解像感を高める技術らしいので、単純にシャープネスの値を高めるよりも有効に違いないと思っている。

GX1 & Wtulens

まとめ

以上、全ての設定が終了し、我ながらなかなかいい感じに仕上がったなぁと満足。デジタル写ルンですGX1の誕生、テーマは「あたたか味」です

繰り返しになりますが、 10年くらい型落ちの中古一眼カメラとWtsulensというレンズを使って費用は1万円強! 写ルンですライクな写りと操作性を楽しめてかつ写真の現像もデータ化も不要と考えると、なかなかコスパもよろしいんじゃないでしょうか?

最後に比較材料として、使い捨てカメラの方の写ルンですで撮影・現像した写真をデータ化した画像を載せておきます。子供の頃の私です

写ルンです
20年くらい前

*1:
Yahoo! のギズモショップが正規店っぽい。AmazonにもGIZMON社が出品しているようだがすぐに届く在庫が無かった。楽天市場で出回ってるのは、どれも2次販売で正規価格より高い。

*2:
メインのオリンパス OM-D E-M5 MarkⅡが故障して修理に出している間、代替機として中古購入したのがこのカメラ(6,000円)。オリンパス機の復帰後もその小型・軽量さを活かしたサブ機として20mm/f1.7や12-32mm/f3.5-5.6のパンケーキレンズをつけてお出かけ先で活躍していたのだが、更にソニー α65を買い足してからはサブ機の座も譲りめっきり出番を失っていた。

*3:
息子が今回のデジタル写ルンですGX1を持っている写真は、OM-D E-M5 MarkⅡにパナライカ15mm/f1.7を着けて撮ってます。

go-to-top