「嗚呼、突き抜けようぜ 泣いちゃいられない」~ドライブにぴったりなB’zの曲(その1)

yuhaku(ユハク) 薄型二つ折り財布「YEV122」の使用感レビュー(外観や容量、コインポケットなどについて)

yuhaku_YEV122 趣味・持ち物

念願のyuhaku「YEV122」(自分用)を遂に購入! 去年妻にyuhakuの長財布をプレゼントした時から、自分も欲しくて欲しくてたまらなかった。

[kanren postid=”9838″]

タイトル通り使用感をレビューしようと思うが、使用感よりも何よりもこの美しい外観を愛でることこそが自分にとっての第一義であったことは、先に断っておきましょう。つまり、そこまで機能性にはこだわっていないと言うことです。

従ってまずは、外観のレビュー(主に写真掲載)から…

yuhaku 薄型二つ折り財布「YEV122」

沈んでしまいたくなるような深いブルーに、やや控えめながらもyuhakuらしい美しいグラデーション、そして型押し革の風合いが、総じてダンディ。本当に、所有しているという事実だけで気分が高揚する逸品。

yuhaku_YEV122

この内装のデザインも好きで、カードを入れる部分に改めて外側のブルーの型押し革が使用されている。開くたびに意識が吸い込まれて、戻れなくなってしまいそうだ…

札入れ部分は中央が開いていて、お札自体がデザインとしてなじむような造りも大変気に入っている。これについては、また後述の掲載写真をご参照下さい。

yuhakuオンラインショップ|YEV122

使う前に手入れ

yuhaku&creme1925

ちょうど妻のyuhakuの長財布を手入れするためにクリームを購入したので、妻のと合わせて自分のも使う前に手入れ(保革)しておくことに。

yuhakuの横浜ショールームで店員さんから聞いたのは、「初心者の方に扱い易いのはコロンブスの「Brillo(yuhakuの公式サイトへリンク)」、革の扱いに慣れた人なら「サフィールのクレム1925」でもいい」ということだったので、見栄を張って「革の扱いに慣れた人」の方を選んでしまった(笑)

Brillo の使用感を知らないので比較はできないが、いずれにしてもクリームをコットンクロス(使い古した綿100%のTシャツの切れ端などでOK)に薄く伸ばして慎重に優しく磨いてあげればよいと思う。

クリームをボテっと大量に革の一部分に塗布してしまうと、その部分がシミになる可能性がある。実際、最初はそうしてしまってなんかヤバイ感じがした。慌てて財布全体に薄く広げたため事無きを得たが、クリームを先にクロス側で薄く伸ばしておくのが無難だと思う。

yuhaku&creme1925

優しくやってもこれくらいは色落ちしたので、それを受け入れる覚悟は必要。但し、見た目の色合いや風合いについてはさほど変化していないと思う。

「保革した」という安心感を得ることが大事。それと、使用時に多少なりともキズや汚れがつきにくくなることを期待したい。

yuhakuオンラインショップ|お手入れと修理

容量やサイズ感、持ち歩き方について

yuhaku_YEV122

最初はこれで使用を開始。1万円札1枚に千円札が9枚で、俺如きにはなかなか現実味のあるお札所有枚数の最大値だったと思う(笑) それでも札入れの容量的に特に問題はないと思う。

問題はカード収納の容量。ポケット数の通り4枚収納が限界か。

お札とは仕切られた領収書等の収納がいちばん後ろにあり、そこにカードを入れられないか試してみたが、財布がパンパンになってせっかくの薄さを損なってしまう。それにそのまま使用し続けると、外側の革にカードの形が浮き上がりそうな不安もあった。

従って、カードは4枚で厳選。最初は「銀行カード」「クレジットカード」「Suica」「b-monsterのカード」と、普段いちばんよく使っていると思われる組み合わせにした。

それで厚みはこんな感じ。何cmとかまでは計ってません、ご了承下さい。

それなりに分厚くはなるが、それでもジャケットの内ポケットに入れて邪魔にはならない。想定していた持ち歩き方ができそうでよかった。

もちろんズボンの後ろポケットにも入るが、その使い方はやめた方がいいと思う。見るからに繊細で水に弱そうな財布だ。その状態で立ったり座ったりを繰り返せば不本意に形も崩れるだろうし、尻からにじむ汗に濡れて間違いなく風合いを損なうだろう。俺は絶対にズボンの後ろポケットには入れない。

—– ✂—–

しかしこれで2~3日使ってみたが、途中でやっぱり財布の中に身分証が1枚も無いことに不安を覚えた。必要に応じて家から持参する…とか、絶対忘れそう(笑) そこで、収納するカードを変更した。

yuhaku_YEV122

「キャッシュカード」「クレジットカード」「保険証」の3枚へ。

身分証を免許証にするか保険証にするか迷ったが、自分に関して言えば突発的に運転することになるよりも突発的に病院に行くことになる方が絶対多い。後の心配事は、顔写真付きの身分証じゃないとできない手続きがある…のだろうか? 思いつかないので保険証に決定。

そして残ったカード1枚分のポケットは、そのまま空けておくことに。少し財布が薄くなるし、内装のブルーの型押し革がカードで全部隠れるのも悲しかったので。必要に応じて診察券を入れるのにも役立つ。ユハクには余白も大事だということだ(言いたかっただけ)

なお、普段最もよく使う「Suica」と「b-monsterのカード」は、別途yuhakuのパスケースに収納することにした。結果的に持ち物が増えてしまうが、パスケースだと厚みがないので上着のどのポケットに入れても邪魔にならずに持ち歩けそうという判断だ。

それからまたしばらく使ってみて、当分はこれで落ち着きそうな感じである。

ここのところはほとんどキャッシュレス決済をしているので、「銀行カード」の代わりに別のカードを入れてもいいかもしれない。突発的にどうしても現金が必要な場合は、クレジットカードのキャッシングでも何とかなるし。

コインポケットについて

yuhaku_YEV122

コインポケットについては、YEV122を検討する人にとってはかなり気になる部分ではないだろうか?

はっきり言って、小銭入れとしては使えないと思う。使わない方がいい。

片側にマチがついて広がるが、それでも収納できるのは小銭5~6枚くらいがいいところ。それに中で小銭が重なるとその形が思いっきり浮き上がってくるので、革を痛めそうだ。ゴツゴツと不細工に膨らんだ見た目も美しくない。

なお、俺は最初っからコインポケットに小銭を入れて使うつもりはなかったので、この点については何らマイナスポイントにはならない。小銭は一時的にズボンのポケットに入れておいて、後でカバンの奥に突っ込んでいる小銭入れに入れる or 家の貯金箱に入れることにしているのだ。

ではこのコインポケットは俺にとって無駄なのかと言うとそうじゃない。

俺はここに家の鍵を入れている。

yuhaku_YEV122

500円玉1枚程度の厚みなので、別に気にならない。これで、キーケースやキーホルダーを使う必要が無くなった。

今後こういう時に快適になる

yuhakuの薄型二つ折り財布「YEV122」を、今後は常に持ち歩くわけだけど、特にこういうシチュエーションで快適になると思うというのを、この投稿のまとめに代えて紹介しようと思う。個人的な話だけど。

1.家に帰宅する時

これまではカバンの奥に突っ込んだキーケースをマンションのオートロックの入口の前で立ち尽くしながらカバンをがさごそと漁って探していて、これがなかなかのストレスだったわけだけど、今後俺の家の鍵はyuhakuの財布の中にある。ジャケットの内ポケットから財布をサッと取り出して、サッとコインポケットを開くだけ。

2.結婚式の時

男って、結婚式の時の持ち物ですごく悩みませんか? お祝儀、スマホ、財布、鍵… それくらいあればいいのだろう。だけどそれらを、どういう風に持ち歩くかが問題だ。長財布だとズボンの後ろポケットに入れるには心許ないし、別途キーケースがある場合はポケットが足りない(前ポケットや背広側面のポケットに入れてスーツの形を崩すのはマナー違反だと思っている)。かと言ってカバンを使うには逆に持ち物少なすぎるし、クラッチバックは持ってないし(100%どこかに置き忘れてくるので妻にクラッチバックを持つのは禁じられている)。でももう大丈夫、今後俺には薄型二つ折り財布のyuhaku「YEV122」がある。それとお祝儀とスマホくらいまでなら、背広の内ポケットで目立たず持ち歩けるはず。

3.サコッシュをぶら下げる時

もう流行ってないかもしれないけど、俺は私服ではサコッシュを多用したい。でもサコッシュってコンパクトだから、これまでは長財布を入れるだけで半分以上がパンパンになってもうそれでほとんど終わりだった。でも、今後はコンパクトなyuhaku「YEV122」のおかげでサコッシュにもっと物を入れることができる。

実際、先日妻と子供(赤ちゃん)とのお出かけでyuhaku「YEV122」と共にサコッシュを使用。財布と代えのオムツ2枚、おしりふき、ポケットティッシュ、パスケース、スマホまでを、サコッシュの形を損なうことなく収納に成功した。

yuhakuオンラインショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました